*星空文庫

伊藤ひろき

伊藤ひろき

楽しぃ生きよう

昔、気がつくとやんちゃな集団の特攻隊長をやらされていました。

運動会のときに、頑張れ青団!みたいな旗があるでしょう?あの旗を作る会社の息子がいたんですね、その集団に。

僕のバイクに、気がつくと特攻隊長!という旗がささっていて、あぁ、肩書きなんだな。と思ったことを覚えています。

ちなみに、元漫才師です。某コンビのツッコミやって、ネタも書いていました。某ってつけると、有名だったのかな?って詮索したくなりませんか。
ほんとは、箸にも棒にもかからないコンビでしたので、棒コンビのツッコミかもしれません。

社会は救いのない場ですね。
社会から掬われたいですね。

明日も頑張ろう。
そんな風に思ってもらえるものを、書きたいですね。

あっ、
ここからここまで、冗談です。
幅はご想像にお任せします。

短編小説 『隙間人情シリーズ』子からみた祖母、僕から見た母

否定も肯定もない、隙間のような人情話。 そんな隙間人情なやり取りで、ちょっとあなたが楽になればなによりです。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-04-19

短編小説 『隙間人情シリーズ』一人十色

否定も肯定もない、隙間のような人情話。 そんな隙間人情なやり取りで、ちょっとあなたが楽になればなによりです。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • コメディ
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-04-19

短編小説 『隙間人情シリーズ』居場所

否定も肯定もない、隙間のような人情話。 そんな隙間人情なやり取りで、ちょっとあなたが楽になればなによりです。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-04-19

短編小説 『隙間人情シリーズ』父と客と娘と風俗嬢

否定も肯定もない、隙間のような人情話。 そんな隙間人情なやり取りで、ちょっとあなたが楽になればなによりです。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-04-20

短編小説「言葉泥棒シリーズ」あ、い、をください。

形も、感覚も、著作権もない言葉。 それがもし形あるものだったら、世の中はどんな風になるのだろう。 そんなもしもの世界を、短編にしてみました。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-04-23

短編小説 『隙間人情シリーズ』未来の最後の晩餐

否定も肯定もない、隙間のような人情話。 そんな隙間人情なやり取りで、ちょっとあなたが楽になればなによりです。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-04-25

短編小説『隙間人情シリーズ』これからの浮気

誰とまでが、浮気ですか? (否定も肯定もない、ちょっとした小話)

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-05-08

短編小説『隙間人情シリーズ 』こどもヤクザ

子供よ、大人のおかげでバカであれ。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-05-11

短編小説 『隙間人情シリーズ』ワークライフアンバランス

おっさんだって!おっさんだって!

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted
  • 2018-05-16