分かりきっていたこと

嗄鳥鳴夏

幾つ君を想い 名を呼んでみても
あの頃の様に 明るい返事は無く
それは もう此処には存在しない

幾つ歳を重ねて 一人歩めども
この先は一向に 終わりが見えぬ
それも もう分かりきっていたこと

十分に果たせば もう忘れていいか
小さく呟けども 広い世界に飽和する
そこは もう二度と傷が付かないか

幸せだろうか 自己との対話が
あの日々を微かに 思い出させる
それは もう分かりきっていたこと

この世界で 生きているならと

分かりきっていたこと

分かりきっていたこと

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-01-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted