嗄鳥鳴夏

嗄鳥鳴夏

サトリメイカ

神様が居ないうちにパンを盗め

19才

孤独の咀嚼

彼女は彼氏を待っているのです。 でも理解しがたい現状を咀嚼しようとしている。 一人で。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

Hi! I have a dream.

弱気な僕のうた 初めて会った人に僕は夢を持ってるよって堂々と言えない。 それは何故なのか。 そういう時に、部屋で夢を見ていることが恥ずかしくなる。 どんな人にも笑顔で、 やあ、僕は夢を持っているんだって言えるようになりたいよね

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

快晴の空へ

僕は僕だと気付いてよかったね。(他人事) 快晴の空にって作品だったんですけど、小説家になろうにそんな作品名があったので変えました。(憤怒) 快晴の空へ…(唯一無二になりたい)

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

疑いの真実

人生とは何なのか 真実とは何なのか。 疑うことで、編み出そうとしている。 こんなに単純なことでいいのに、それさえ叶わない世界とは何か。 それだけなのにってのが重要。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

人生汽車

僕は人生の汽車に乗り込んだんです。 つまらない始点から名前も知らない街を目指すんです。 ロマンチックでしょうw 短めだけど、テーマがちゃんとあるし。 強いて言えば、人生の列車だかって題名の作品を誰かが既に創ってたこと。 まあ、違う列車なんで行き先は違うし別にいいけどね。 デパートの駐車場で母親に読んで聞かせたら褒めてくれた。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

未来、未来よ、未来よと。

ちなみに谷川俊太郎さんの「未来へ」って詩が大好きで、 中学校の卒業の日、自分の部屋で独唱してました。 僕の未来は僕の未来です。 というか僕から僕へのメッセージです。餞の言葉。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

浪人

反省、後悔、失望、絶望を繰り返した。 全く持って有益な瞬間だけを過ごした訳じゃないけども。 決して無駄な時間じゃなかった。 自我、自分らしさが芽生えた。未来が開けた。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

一緒の夢

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

涙、まばたき。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

真反対の僕がいる

え、普通だよね?

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted