晩暮

革命鳴夏/五月病の僕 作

欠片を紡いで形を作れ

目を塞がずに道を歩け

弱さを知って胸を張れ

痛んだ時でも強く笑え

咲いた花なら咲き誇れ

誰かの為なら腕を捲れ

時代を跨いで襷を渡せ

可愛い子には旅をさせ

震えた時こそ襟を正せ

必需品だけ持っていけ

咲いた花から順に散れ

晩暮

晩暮

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2019-02-17

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted