*星空文庫

雪女

革命鳴夏/五月病の僕 作

冷たい空気を
吸えば吸うほど私は
消えたくなった
初めから無いような
私と目が合った君を
消したくなった

君に正体を
知って欲しくて
姿を見せるけど
いつの間にか
目の前に君は居ない

嗚呼
この心は永遠に変わらないまま
凍えてしまう
誰かの温もりを求めようとすれど
溶けてしまう

儚い夢を
見れば見るほど私は
恋しくなった
束縛に近いような
一月の吹雪は君を
恋しくなった

君に恋心を
知って欲しくて
言って聞かせるけど
願いは叶わない
目と耳を塞ぐ君が切ない

嗚呼
この世は永久に変わらないまま
続いてしまう
何時かの私に届けようとすれど
終わってしまう

『雪女』

『雪女』 革命鳴夏/五月病の僕 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-06-11
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。