*星空文庫

Memorial forest

革命鳴夏/五月病の僕 作

ねえ助けてと声がする
でも誰も耳を貸さない
僕らじゃ何も出来ない
何故神は遠くから見つめる

深く夕陽が沈んだ頃
森に少しだけ命が宿る
朝が来るまで
鳥がさえずるまでの間だけ
この夜に生きる

もう嫌だと泣いている
あの人の心を踏みにじる
時間が解決しそうも無い
闇をいつまでも闇に葬る

深く霧がかかった頃
地上で黒い魂がさまよう
朝が来るまで
君がやってくるまでの間だけ
この世に生きる

ねえと隣から声がする
肩にリスが乗っている
君はいつからそこに居たの
待ってと何処かから声がする
急に足取りが重くなる
耳を塞いでも頭に響く

ああ やっぱり君だったんだ
ようやく全ての意味が解る
取り残された君と
取り憑かれた僕は
あの時から何も変わらず
同じように生きていたんだ

『 Memorial forest』

『 Memorial forest』 革命鳴夏/五月病の僕 作

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2018-03-13
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。