句集「落葉」

ちぃひろ 作

世は夏に向かって邁進しておりますが、落選句、すなわち「落ちた言葉」を集め、これを「落葉」と名付け、まとめてみました。

無季

お日様に愛されたくて空眺む

ふと気づくこの星包む天の慈愛

雨打ちて車窓に走る流星群



パンプスの足で寄り道春の海

慎ましくそんなの知らねえと咲く桜

洗車して庭先生まれた花筏

春愁を其処此処に散りばめる花弁

何しても何かが足りない春の夜


夏だからその一言で片付ける

新緑の握手に応ずる二階窓

鈍行で浴衣と甚平横の席

甲子園国旗掲揚坊主の野

朝焼けに煙もくもく焼却炉

蚊一匹安寝許さぬデスマッチ

満面の笑顔の手の平拉た蚊

夕立の興も流してゲリラかな

熱帯夜熟れて仏間の果が香る

自転車もマンホール避ける炎昼か

二十四に祖父が勧める盆踊り

手にとって折りたくなる夏の三日月

夏休み殺した命の数幾つ



手にとって口に入れたし秋の月

三日目に帰ってみれば金木犀

天高し上着を脱いだ正午過ぎ

小望月見上げて一人明日も一人

その野分人間勝てるはずもなく



凍てつけど二輪で駆ける星の下

子は笑ふ雪よふれふれ積もるまで

待たせてるサドルに霜降り冬来る

なんとなくペチカを歌いたい夜道

桜より寒梅みたいに愛されたい

冬麗サボっちゃえよと空が言う

あゝホットココアばかりの頑張りや

冬の雨孤独が私を愛しけり

句集「落葉」

いざ、書き出してみて気づくのは、夏の句が多いということ。

今年も夏が始まりますね。
良い夏になりますように。

句集「落葉」

以前「お〜いお茶 俳句大会」に応募して、選考落ちしたけれども個人的には気に入っているというものを中心に、いくつか書き出してみました。

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-06-27

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted