*星空文庫

無音の世界

ふじひろいち 作

お葬式が終わって
タクシーに乗る
霊柩車のあとを追って走りだしたとき
無音の世界が広がった

何度も来たいつもの風景がまったくちがってみえる
初めて遭遇するというより
自分の時間が止まっているような気配

沢山の人が来て
分刻みで次第が経過し
多くの思いが凝縮されたとき
時が細かく刻まれるのか

何かが静止し
また何かが動き出すまでの
その間に

そして
それぞれの日常がまた戻る
まるでなにごともなかったように

『無音の世界』

『無音の世界』 ふじひろいち 作

人の死は避けられませんが、そこからまた再生するものがあるとおもいます。お葬式って大事ですね。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-05-19
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。