miss copy

嗄鳥鳴夏

皆が笑うとき僕は笑っていない
皆が泣くとき僕は泣いていない
別にふざけている訳じゃない
やってることが人と違うだけ
皆が遊ぶとき僕は遊んでいない
皆が帰るとき僕は帰っていない
別に省かれたい訳じゃない
周りの時間に合わせられないだけ

僕が僕と証明するものは
僕自身は何も知らない
けれど君は知ってるでしょう
僕が君に笑われようとも
僕自身は何も見えない
だから置いてかれるのでしょう
全てにおいて

皆と同じことをしろと
道徳には絶対従えと言われ育った
なら僕が僕である意味は
人が犯罪をする理由は何だろう
学校や社会に居る人は
家庭で教訓も教えられ方も違かったのに
同じことをするために集められている
個性を消して生きている

目立てば目立つだけ
襲い掛かる常識は
束になって一本を狙う
名乗れば名乗るだけ
馬鹿にされる変な空気を
いつか壊せれば良いな
全てにおいて

miss copy

miss copy

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted