永遠の免罪符を代償に

嗄鳥鳴夏

君は過去の罪を憎しみながら
未だに危険思想のまま
僕を見下している

僕は万死に値する罰に震えて
人生を完全に棒を振る
君を見上げている

神が仰る
お前は全て失えるか…
学生時代に弾いたギターも
長年愛しく飼っていたペットも
親友も家族も何もかも。
永遠の免罪符を代償に。

君は運命の選択肢を間違えたまま
苛立ち敗北を続けたなら
いずれ身を投げてしまう

僕は十字架を背負う姿を眺めて
人間に完全に成り損ねる
君を見下している

神が仰る
お前はお前を殺せるか…
万物が司るこの世の
何より愛で続けてきた己を
自分自身の何もかも。
永遠の免罪符を代償に。

永遠の免罪符を代償に

永遠の免罪符を代償に

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2017-03-15

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted