浪人

嗄鳥鳴夏

ろうにん
【浪人】
入学試験や入社試験に不合格となり、入学や就職ができないでいる人。また、職を失って、きまった職のない人

昔の思い出は
殆ど覚えてないけど
何故かと聴かれたとしても
何も分からないんだ
自分のことなのにさ

遠くの街は
雨が降っているけど
僕は傘を持っているからさ
何とも思わないんだ

全然大丈夫、ってさ

気付けば誰もが
歩き始めていたけど
まだ僕の信号は赤だから
口笛でも吹こうか
想像でもしようかな

今から行くから
少し遅れてしまうけど
僕は詩を持っているからさ
何とも思わないんだ

全体止まれ、なんてさ

浪人

そもそも受けませんでした。

浪人

反省、後悔、失望、絶望を繰り返した。 全く持って有益な瞬間だけを過ごした訳じゃないけども。 決して無駄な時間じゃなかった。 自我、自分らしさが芽生えた。未来が開けた。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted