*星空文庫

クレーの翻訳

かくら 作

クレーの翻訳

「野原のリズム 1931」

なつかしい異国の野原で眠りましょう。

羊雲を追いかけて
ここまで来たあなたも
草にからまって
花にうもれて
夢をみましょう。

そして私は
すぐとなりへ座り
あなたが獣におそわれないよう
ずっと番をしていましょう。

  *


「北海の絵 1923」

あまく色のとける海に
私は鳥を見た。
舟を見た。
雲を見た。
夕陽を見た。
三日月を見た。

変化するすべての空が
まざりあうのを見た。

  *


「つなわたり 1923」

鳥の仮面は泣いている。

神様がかけた細い細い糸の上を
彼は音もなく歩いている。

弱虫な彼はなんどもうしろを振り返る。
けれど
勇敢な魂はそんな彼にはおかまいなしさ。

ふるえる足を操って
ほほえみ待つ神様のみもとへ
近づいてゆくんだ。

  *


「星の同盟者たち 1923」

きみはどこからきたんだい。
きみとぼくのおどりはどこかにているね。

ぴか ぴか
ちか ちか

信号をかわしてさ。
でたらめな歌だっておくりあいたいんだ。

  *


「天体のある海の風景 1920」

僕の影は黒い。
僕の手も黒い。
僕の胸も黒い。

海に建つホテルで
制御不能の太陽をあおぎ
焦げるばかりの黒い僕を
白い波へ捨てようかと
思案する。

  *


「魔法劇場 1923」

幕があがっておりるまではほんの一瞬さ。

いびつなブリキの月と星の歯車を廻せば
巨大で奇怪で複雑な魔法が動く。

竜の牙をかわして
断首の刃をくぐりぬけ
矢印の方向へ進め。

魔法劇場
一瞬の隙間を狙うのさ。

  *


「隠者の住むところ 1918」

鍵は手にいれましたか。
思い出の沈む青の世界に
黒い太陽はのぼりました。

泡を吐いてささやきあう森。
あなたの来訪を隠者へ告げる聲の
その先へ
奥へ
始まりへ。

扉の前で仮面をはずす
あなたは隠者の顔を
きっともう
知っています。

  *


「壁画 1924」

足をうしなった絵描きを鳥が訪ねる。
屋根という屋根
窓という窓
橋という橋。
すべてを歌う鳥の言葉。

瞼を閉じてまたたくは記号と化した鳥瞰模様。

色をかさねて線を引き
見えぬ街を構築する。

そして最後に絵描きは鳥の足を白く塗り
街へ落としてサインとした。

「これはきみとぼくの街だからね」

  *


「青い眼の青年の頭部 1910」

光のこどもがちいさな手で
あのひとのほっぺたにさわってる。
おはなをつねって
あたまをなでて
おおきなくびに抱きついてるね。

光のこどもがみんな溶かそうとしても
あのひとは
怒らずに
泣かずに
笑わずに
空がつくった湖みたいな眼で
百年先の風景も
みつめているね。

  *


「創造主 1934」

ただ
踊りたいように踊り
吠えたいように吠える。
迷路じみた衣のひだの間から
ほろほろこぼれた
ちいさな星
こまかな命。

なんの気なしに振ったその手が私を打ち払う。

私は幾層にも塗りこめられた絵具のどこかへまぎれ
その最も上で踊るあなたにふるえている。

『クレーの翻訳』

参照:
「クレーART BOX-線と色彩-」
編者 日本パウル・クレー協会
発行 講談社 2006

『クレーの翻訳』 かくら 作

世界を捉えようとこころみた詩人画家へあこがれて。 その印象の翻訳記録。

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2012-04-08
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。