*星空文庫

チカ

かくら 作

チカ

 チカは橋を渡る。
 星の眠る谷へ架かる橋だ。

 キイ、キイ。

 星の寝言を靴で踏む。

 ギイ。

 チカは橋のまんなかでしゃがみ、
 チカチカ光る目で谷を覗く。

 青く黒い谷底で、
 暗い星がうなされている。

 チカはまばたきで光を落とし、
 暗い星の夢をきらめかせようと試みる。

 
  *

 チカは落とし穴の底から空を見あげた。
 黒雲と晴天。
 ちょうど半分のまるい窓。

 天使と悪魔とどっちが掘った穴ですか。

 ドキドキしながらチカは待つ。
 暗い底でチカチカと目を光らせて。

 またたく光に気づいてくれるのは、
 天使と悪魔とどっちだろう。


  *

 チカは眠りへ落ちる最後の瞬間にいつも思う。

 チカチカと点滅する光。

 白と黒の鍵盤を正しく奏でようとする大きな手。
 
 聞こえない音。

 誤る指の可憐さ。

 その音を、手を、間近で。

 点滅する思いは夢へ吸いこまれ、
 目覚めたときにはどこにもない記憶。

 残るのは、チカチカと光るなにか。


  *

 チカの目がチカチカ光るのは、
 消えては現れるピカピカの、
 ラッキースターを見てばかりいたから。

 消えたまんまのラッキースターは、
 くもった氷の向こう。
 溶けない氷のあっち側。
 
 チカは目を点滅させて光をこぼす。
 そのときチカの目から落ちるのは、
 ちいさなかわいいラッキースター。


  *

 チカチカ
 チカチカ
 チカチカ
 チカチカ
 
 チカチカ
 チカチカ
 チカチカ
 チカチカ
 
 チカチカ
 チカチカ
 チカチカ
 チカチカ
 

 ……チカ。


  *

 チカは目覚めると星の上へいた。
 たくさんの星が落とし穴を埋めて、
 チカを地上へ押しあげていた。
 太陽を受けてチカチカ輝く星の寝台。
 チカの胸には暗い星のかけらがひとつ。
 耳へあてると、
 ギイ、
 声が聞こえる気がした。

 星のかけらをポケットへしまって、
 チカはまた歩き始める。

 森を抜けて。
 西へ。
 光を溶かす太陽を追って。
 チカはまっすぐ前を向く。
 

『チカ』

『チカ』 かくら 作

チカチカと光る目をもつ少女のおはなしです。

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2013-06-19
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。