*星空文庫

雨の降る日

赤羽根 比呂 作

雨の降る日

 雨の降る日だった。

 目が覚めると私は彼のベッドの中にいた。
 雨で濡れてたはずの服は、気づけば彼の服を私は着ていた。

 着替えさせてくれたんだ…。

 見回すと近くのソファーからこっちを漆黒の髪と瞳でじっと見てる彼がそこにいた。
 何も言わない彼。

 気まずい…。

「怒ってる?」
 私が口を開くと彼はちょっと待って「あぁ」と溜め息をつくように答えた。
「だって…」
「だってはいらない」
「でも…」
「でももいらない」
「イジワル…」
 私は小声で呟いた。
「何?」

 聞こえてるくせに…。

 彼は何も聞こうとしない。
 私から喋り出すのを待っているらしい。
 いつも、彼はそうして来た。
 私を試しているらしい…。


 - end -

『雨の降る日』

『雨の降る日』 赤羽根 比呂 作

雨の降る日だった。目が覚めると私は彼のベッドの中にいた。雨で濡れてたはずの服は…。※続きは本文へ。

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2013-01-28
Copyrighted

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。