片山 大地

25年の人生を捧げた小説が完成!Amazon kindleで販売中!kindle unlimitedに登録していれば無料で読めます!読んで下さった方は、どうか応援レビューお願いします🙇‍♂️面白い!と思ったら、どうかどうか拡散お願い致します😭

1996年12月10日生まれ、現在25歳の会社員。

小学校から高校時代までは主に野球に勤しんできた。その後、大学へ進学し、国家公務員を目指して日夜猛勉強に明け暮れるも、4年次に受験に失敗。そこで燃え尽き症候群と対人恐怖症を患い、大学卒業後、1年間の「暗黒のフリーター期間」を経験する。しかし、人に言えないようなことも含め、この時の様々な経験がのちの執筆作業に大きく貢献することとなった。

その後、人生のどん底にいたところを縁あって地元の企業に拾ってもらい、なんとか社会人として更生。1年半後、かねてからの夢であった上京を果たし、24歳から執筆作業を開始する。

2022年7月、仕事の傍ら、約1年間かけた処女作「革迷」を書き上げた。

革迷

少子高齢化が進み、若者の7割が貧困に陥った現代の日本。賃金は下がり、一方で社会保障の負担額は増大し、生活が困窮して追い詰められた若者達は頻繁に暴走的犯罪を起こすようになっていた。 そんな日本において、天賦の弁舌能力とカリスマ性を持った天才大学生の東條は、その才能とは裏腹に「特別」でない自分を自覚し、将来に対して諦めの感情を抱いていた。しかし、彼はある日、友人に頼まれて政治セミナーの講師を行うことになり、そこで、政治に熱心な高校3年生、小岩と出会う。小岩や恩師の李先生の影響を受け、東條はこの衰退していく国に革命を起こすため立ち上がることとなる。

  • 小説
  • 長編
  • 青春
  • 恋愛
  • ミステリー
  • 全年齢対象
  • Copyrighted