黒猫さん。

あなたに嘘はつかない。

普通に生きていれば強く関わることないひとたちと、関わっていたんだなーって今は思っている。
普通はありがたいことだけれど、普通ではないことはおもしろいなあ。
いい勉強させていただきましたー(*´艸`*)


ノブナガさんにも、感謝です。
多分、あのときノブナガさんが選び、構築した道が、わたしのこれから進む道を示してくれたように思います。
わたしは無事、糧にしたようです。
おもしろかったーい(*´Д`)


さようならははじまりですね。
可愛げあるひとたち、会いたいひとたち、そんな彼らのいる道に進んでいきます。( ゚∀゚)o彡°
これから関わりある方々はよろしくおねがいします。
あなたがたに恥じぬよう、努めていきます。
あと30回くらい大人に怒られなきゃ、わたしはいけないかもしれませんが!
ではではまたー(*゚∀゚)

『喜劇』

ようこそ。

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted