浜村麻里

ゆきみち

好きになってはいけない人は存在するのだろうか。 数十年ぶりに出会った私が当時助手をしていた教授の教え子から、学生だった頃の彼女の友人の訃報を聞く。 彼女の在学時、卒業後共に特別な交流はなかったが自身を苦しめる感情から、私が見捨てた想いについてようやく考えが及ぶ。

  • 小説
  • 短編
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

橋の上で会いましょう

家を離れた私が久々に戻った年末の地元。 思い入れのある川に架かる橋の上で私は懐かしい人と再会した。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 全年齢対象
  • Copyrighted