これちか

これちか

メンタル世界最弱のSFBL大好き人間です。

SFBLが好きなジャンルです。
中高生の物語が特に大好きです。
昔書いていた作品をリメイクできたらいいなと思い、
再度登録しました。
BLよりもSF色が強いのが作風です。

アーユルヴェーダというシリーズを書いています。
SFだけどBLというジャンルです。

元来、このシリーズは以前、『ラストダンスは、君と。』というシリーズ名で、
星空文庫さんで書かせて頂いておりました。

ダブル主演ということで、中村冬至と藤原結というキャラが主役を務めます。
周りを固めるキャラにも愛をこめて、書いています。

メシア篇ですが、
ダブル主演、天野真咲と猪瀬大地というキャラが主役を務めます。
原作から引っ張ってきた2人ですが、
アーユルヴェーダと共にお楽しみいただけたら幸いです。


3つ目が、『バカオタ篇』です。
機械馬鹿と機械オタクの恋なんですが(そのままじゃん)、
これもダブル主演、不破翔吾と高瀬旬という2人が務めます。


本来であるならば、
アーユルヴェーダが一応の終わりを迎え、
メシア篇、バカオタ篇も終わり、そこが最期の道だと考えていました。

ただ、初期メンバーが1人欠員状態となり(内容を参照してください)、
その穴埋め的に出したモブが動きに動きまくり、
アーユルヴェーダは一応、終わりを迎えたとなっていますが、
その最終章として、
グリーンデイズというものに突入しました。

グリーンデイズは本来ならば、ブルーデイズとなるはずでしたが、
(青春の日々という意味で)
どうしてもグリーン、緑にすべきだったのでそう、名付けました。

今までの布石や伏線がいろいろされていく作品となることでしょう。
いろいろな日々でした。
毎回毎回、とても楽しく書いていました。
誤字脱字が激しいのですが、
自分で読み返すのが目的で書いておりますので、
もし興味があったら是非ともご覧ください。

そして、私がここにいたことを、覚えていてくれたら、
それが私にとっては最高の倖せだと思っております。

本日、令和5年9月9日土曜日をもって、
グイーンデイズも終焉となり、
とうとうこのシリーズは完結となりました。
ありがとうございました!

はじめましてのみなさんへ

これちかうじょうといいます。 漢字にすると、惟親雨情となります。 平仮名の方で今回は登録しています。 ツイッターも同じです。 ジャンルに気を付けてください。 僕の書いている小説は、同性愛がメインです。 でもそれ以上にSFを目指しています。 あり得んだろうという状況や、 これはどうだろうかという局面を揃えております。 気に入らない方は立ち去ることをお勧めします。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 全年齢対象
  • Copyrighted

アーユルヴェーダ

逢いたい、消えたい、救いたい、救われたい。 ただ、それだけ。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 青年向け
  • Copyrighted

アーユルヴェーダ*壱

4月8日、入学式。 高校1年生になった俺は、中学から続けている吹奏楽部に入る気満々である。 パートはホルン、自前の楽器もある。 大好きな母さんが買ってくれた、大切なホルンだ。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 青年向け
  • Copyrighted

アーユルヴェーダ*弐

俺は本来、泣き虫なんかじゃない。 でも、そんな俺でも、 耐えられない夜と朝が、 繰り返してはやまないんだ。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 青年向け
  • Copyrighted

アーユルヴェーダ*参

「ホルン、フルート」 片言だよ、と俺は柳瀬橋をせっつく。 これはアタリ、だ。 口止めできる。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 青年向け
  • Copyrighted

アーユルヴェーダ*肆

「ミスコン?」 「はい、部活対抗のミスターコンテストの略です」 「応援団は勿論、去年、今年と2冠を達成するため、結を出すであるよ!」

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 青年向け
  • Copyrighted

シヴァとディーヴァ(アーユルヴェーダ外伝)

シヴァ、つまり破壊の神、戦いの神様。 ディーヴァ、つまり歌姫、戦場の女神。 そんなふたりは、誰でしょうか?

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 青年向け
  • Copyrighted

アーユルヴェーダ*伍

「荷物、取りに行こう」 「え」 まじなの、真面目に言ってんのこの人? ここにいればいいって言ってくれたけど、甘えたい気分だけど、 でも、それって現実にはどうなの? 「雨、上がった」 それは知ってるけど、分かってるけど、同居というか、居候することが、 俺には今は不思議でならない。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 青年向け
  • Copyrighted

シヴァとディーヴァⅡ

小休止です! 箸休めにどうぞ!

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 青年向け
  • Copyrighted

ゆめんとディーヴァ

「どうして、こんなに真っ暗なんだろう」 「…結ちゃん」 「目は、開いてるのに」 「…俺が見えるか」 「見えない、何も、」 「じゃあこうするとどうだ?」 「…!」 光が差し込んでくる。 ああ、歌だ。 いつも、掃除をしている時の、冬至の鼻歌が聞こえる。 まるでラブソングのように、 優しいテンポで耳に馴染んでくる。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • SF
  • 青年向け
  • Copyrighted