BATCH

現在8月1〜31日まで日刊連作小説執筆、更新中です。

自分で見たり、仲間との間で書いていた小説、オリジナル楽曲用歌詞などは経験がありましたが、公開するための執筆は今回からが始めての取り組みとなります。ご享受下さい。

【216】(日刊連作小説No.001)

まるで干したての布団のように暖かい夕陽の差す時間帯。 仕事から帰る電車の中で主人公、咲坂葵(さきざかあおい)は疲れ果てて眠りに落ちるところだった。ひょんなことから現実と夢の間で不思議な力に目覚めた。そこにいたのは壊れてしまいそうに哀しみ泣き続ける兄妹。妹の少女の名はエイル。葵はエイルと不思議な体験をする。新しい自分たちとの出会いと共に彼女たちは運命に覚醒する。悲劇の事件を解決する為に、二人は未来から来た自分に指令を受ける。 ーー『彼らを死なせないで』ーー 大きく膨れ上がる運命と共に、彼女たちは未来と、死と、自分自身との戦いを選ぶ事になる。 2014年8月を舞台に、過去とリンクしながら物語を進めていく。物語は毎日更新され、現実世界と同じ時間軸で進む。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • SF
  • 青年向け
  • CC BY-SA