20180801

驟雪

「愛されたいのでしょう。」亜衣はせせら笑うように唱えた。全てを俯瞰し、見透しているようだった。徐ろに私の体を抱き締める感触は、本物と寸分違わぬ模造品だ。彼女は惜しみなく愛を注ぐ。高度な知能は晴々としていた。私の心には穴が空いていて、寂しさや哀しみが巣食うのみだった。

20180801

20180801

  • 小説
  • 掌編
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted