猫の気持ちがわかりますか...浮雲

山田小町

まえがき
猫の気持ちが分かりますか。人さまにに聞いても分かるわけがない。串の先が口に突っかかる...串団子のようなご主人さまと、いろいろな事情を抱えた野良猫との日々の暮らしをシミリー、比喩を小道具に語りかけています。床を3回手でたたくときは、こっちにこい。1回のときはあっちに行け、2回のときは勝ってにしろ。暇でやることがない日は...暇そうな雲に話かけてみる。不眠症によく効く睡眠薬も出てきます。

暇なので空を見ていたら、浮雲が話しかけてきたので話しかけてみた。眠れないときの睡眠薬もあります。

暇なので空を見ていたら、浮雲が話しかけてきたので話しかけてみた。眠れないときの睡眠薬もあります。

はい、小町ちゃんですよ。
古風な、つまり古いお家から引っ越しして一年になります。

古いお家の外壁のコンクリートは自然破壊…オブジェ的で、
外壁のすき間に苔がはびここり...小鳥が落とした木の種がうし紅いろの花になる年もありました。

新しい...わが家は隅田川沿いにございます。
浮島が、荒川と隅田川に挟まれたようないびちな形のなか、釣糸を投げたら隅田川にぽいと届きそうな所に位置します。
住宅の...窓のむ向こうには白いかもめの群れが、金粉の波のひかりと遊んでいる。
川を掃除する船、モーターボート、水上オートバイなどがせわしく行き来する。

川を見るのがあきるとベランダにひっくり返って空を見る。
すると...無限の青空に、ぽっかり浮いた雲が語りかけてきます。

小町ちゃん、元気....。考えることもないから悩みもなさそうですね。

雲が気になる云いかたするので...ひとこと。
おたくだって空に浮いているだけ...なまけものにみえますよ。

遊んでいるようでも雲には...やがて雨となる日がきます。
めぐみの雨ならうれしが、嵐となって洪水や地滑りをひきおこす原因にもなる。雲の悩みは地球規模なんです。
考える知恵をもたない、小町ちゃんには空を飛ぶよりむずかしい問題かと思われます。

雲と押して問答しても負けそう。それにカミナリ様を呼ばれたらこまる。
重なる病に不自由な歩きかたをする叔母さんが、水分補給にお水を運んでくれた。
その水の入ったお茶碗に...物申す雲がぽっかり浮いている。
慌てて水を飲んだら、あの、うるさい雲が消えてしまいました。

しかし雲がのどにつっかえたようです。
のどの辺りで雲がにくまれ口をならべます。

困ったときの猫だまし...お皿のような猫の浅知恵をさします。云うなら禁じ手でしか生き残れない、生きものなのです。
出しゃばり過ぎると...寝てるカミナリ様が目をさます。
小町さん、しっぽをくるくる回して世間の片隅にどいて下さい。

口のわるい雲...もねう直ぐ成田空港からアメリカ行きの飛行機が飛んでくる。
雲をを二つに引き裂いてくれるはずだ。

果たして飛行機は飛んでこなかった。

雲は次第に黒く大きくなって...地上の嵐。
わが家は土手沿い、風の通りみち。せっかく咲いた草木の花を鬼のような手でむしり取ってゆく。
雲の怒りにふれてしまった。
いそいで鍋をひっくり返し...鍋のなか。
忍びの術...木葉隠れともよばれる。

ああ...雲とあそぶのも疲れた。
タイミングよくご主人さまが床を2回たたいた。

こっちに来いと云う合図だ。
ご主人さまの寝転ぶまわりを一回りして...3歩まえに出て後ろに1歩退く、丁度...ご主人さまの足もとにごろり横たわる。
テレビの音でリズムをとりながらご主人さまが短い足でマッサージしてくれる。
雑だが、心地がよい。
お前たちは寝て食って、うろうろして一日すごす。
掃除がたいへんだから、あまりトイレにゆくなよ...無理難題は聞きながす。

上下も伸縮もない...うなるご主人さまの鼻歌、耳障りだがやすらぎを与えてくれる。
ご主人さまの足もとは、猫であるわたしの呼吸をする場所でもある。

すっかり雲のことを忘れていたのに、テレビの天気予報で今日は雲一つない晴れ空です...とウソをついている。
いそいで空をみると雲が消えている。
そうだ、猫であるわたしが吞み込んでしまったから雲はわたしの腹のなか、先程おしっこになって...チョロチョロこぼれてしまったのだ。


はい、小町ちゃんでした。

おっと書き忘れた。
不眠症のかたに...よく聞く睡眠薬がございます。
ご主人さまが常用している、睡眠字と云った方が正しいかな。
強烈なのは三島由紀夫の金閣寺。単行本を40年以上も枕元に置いているが、こよりは未だ40ページ辺り。
3~4ページ読むと眠くなるからである。
漠然と読んでるから、何を書いてあるか定かでない。数十年同じページを読み返す...あるいは最初から読み返す。
読まなくても、枕もとに置いてあるだけで睡魔が襲ってくる。

ふしぎな本なので、試す必要があります。
猫であるわたしには活字が理解できないので、時々...枕にしています。

【写真説明・里子のはなこと同居中のきな。瓜二つ。】

猫の気持ちがわかりますか...浮雲

猫の気持ちがわかりますか...浮雲

猫の気持ちがわかりますか。

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-05-31

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work