いいんじゃないか

無彩色オリゴ糖

いいんじゃないか

いいんじゃないか。
目の前が暗くても。
いいんじゃないか。
心が軋んでも。
いいんじゃないか。
うつむき続けても。
いいんじゃないか。
ほんのちょっとした光の眩しさが苦しくても。
いいんじゃないか。
踊っても。
日に照らされた木の葉が舞い、笑いかける。
一緒に行こうよと。
ぼくの声は届かないけれども。

いいんじゃないか

いいんじゃないか

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-05-25

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted