黒い花

ちひろ


あたまで声がする。
見えないものが見える気がする。
頭がおかしい?
おかしいのはあの女の人の顔。
なんでこっちを見てるの?
なんで私の事を評価するの?
いつまで経っても消えない女の顔。
殺してしまいたい。
でもできない。私がいなくならなきゃあの女の人は消えない。
遠くであいつが笑ってる。
馬鹿みたいだって笑ってる。
隣に黒い薔薇を持ってる。
黒い薔薇を持って彼女と歩いてる。
彼女の顔は黒く染まってる。
無くしてしまいたい。
汚い心なんて無くしてしまいたい。
無くしてしまいたい。
汚い心を持たせる人間達を無くしてしまいたい。
あなた達がいなくなれば、
私は綺麗なままでいられるでしょう?

黒い花

黒い花

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-05-23

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted