巫女さんにいたずらしてみた・・・結果

二次元好き/ぼっちの文豪

その巫女さんは

 僕の名前は清水カンタ。僕の家の近くにある神社で幼馴染が巫女をやっている。
 とてもかわいくて、胸のふくらみが気になるほどの巨乳なのだ。だが、近くで見たことはなく、触ったこともない。
 その幼馴染にいたずらをしてみようと思う。

「歩いて5分くらいだから近いよな」
 少し歩くと神社が見えてきた。
「ここだ」
「カンタじゃない。どうしたの?」
 幼馴染横山さやがカンタに気づいて声をかける。
「近くに来たから寄ったんだ」
 今日も、巫女服から胸の谷間が見えている。
「何か、お願い事?」
「うーん。神様じゃなくて、さやになんだけどな」
「私に?」

「うん」
「その・・・エッチなことじゃないよね?」
「それも・・・あるかな」
「やだぁ」
 さやが顔を赤くする。幼馴染だが、多少はお互いを意識するくらいにはなっている。
「私、どうしたら良いの?」
「いつも通りやっててよ」
「うん」

 さやが境内の掃除を始める。僕は後ろに回り、指でさやの乳首を押す。
「んっ」
 さやが感じて声を出す。
 試しに乳首を摘まんでみる。
「あん♡ああ」
 体をびくびくさせて、お尻をくっ付けてきた。

 胸を鷲掴みにする。
「あひぃん♡カンタァ。ダメぇ」
 くたぁと寄り掛かってくる。巫女服の中に手をいれて、揉む。
「んぁ。やっぱりエッチなこと・・・するんじゃない。はあん♡乳首、ダメぇ」
 おっぱいを揺らしてみる。
「んああ。あひぃん♡はあ、はあ。ああん。はあ」
 どうやら、軽くいったみたいだ。

「今度は」
 カンタはさやの袴の中に手を入れ、お尻を触る。
「えっ?カンタ……」
 あそこは触れないので、袴を脱がす。
「恥ずかしいよぉ。あん♡」
「パンツ、かわいい」
 そういって、あそこを触る。
「それ以上はダメだよぉ。あん、あん。こすらないでぇ。濡れちゃうからぁ」
 指が少し濡れてきた。エッチな汁が溢れてきたのだ。
「もっと」
 指を割れ目に押し込む。
「ひゃあん!」
 プシュッと汁が溢れてくる。

「あひぃん。カンタぁ、もっとしてぇ♡」
 さやがとろんとしておねだりしてくる。
 指をパンツの隙間に差し入れて、あそこを触る。
「あん♡」
 そのまま、割れ目に沿って、指を動かす。くちゅくちゅとエッチな音がして、指を濡らす。
「カンタ、それ気持ちいい。ああん」
「指入れてあげる」
 さやの中に指を入れる。締め付けてくる。
「カンタ、ダメ。いっちゃう」
「いっていいよ」
 敏感な部分を刺激する。
「だめ、いっちゃう。飛んじゃう」
 指で、お豆をつまむ。
「ひゃあん!いっくぅー!」
 さやが絶頂に達する。あそこから汁が飛び出し、濡らしていく。
「はあ。いじわる」

巫女さんにいたずらしてみた・・・結果

巫女さんにいたずらしてみた・・・結果

主人公の住む近くに神社がある。そこに幼馴染が巫女をやっている。 その巫女さんにいたずらしたらどうなるか? 短編です。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 成人向け
  • 強い性的表現
更新日
登録日 2020-05-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted