つみびと

佐倉愛斗

軽い性的な描写を含みます。

つみびと

 祈るように頬に触れ、願うように君を見つめた。
 微かな怯えを含んだ揺れる瞳はこれから起こることを予期し、期待するようで「わからない」を伝えていた。
 鼓動の速まりが彼女の胸を上下させる。触れれば容易く落ちるシーツだけが彼女を守る。
 僕はシーツに手をかける。
「こころまではきずつけないから──」
 僕の声は自らの鋭利さに優しさというベールを纏わせようと必死で、
「──あなたのことをきずつけてもいいですか」
 彼女は目を見開き、そして、顎を沈める。
 月明かり射すこの部屋に、彼女の赤い血が流れる。
 僕はつみびとになった。あなたを奪った、つみびとに。 

つみびと

お読みいただきありがとうございます。
読みましたの証にツイートしてくださると嬉しいです。

つみびと

こころまではきずつけないから ──あなたのことをきずつけてもいいですか?

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 青年向け
更新日
登録日 2020-05-17

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted