ウソの音色は軽かった

桐谷 迅

ウソの狂想曲

 それは、僕以外に誰もいない(はず)だった真夜中の公園。

 いつものように端っこにあるベンチに座り、冷たく澄んだ空をぼんやりと見て、下らない感傷に浸っていた。
 一体、何をしているのか。自分に聞いてみても、その答えは一切出ない。

「はぁ」

 溜息を吐くと、また夜空を見上げる。
 月は地上の明かりに負け、光を失い、星は動くことなく、ただ瞬くことしかしていない。そんなのをただ見つめるのは、面白い筈もなかった。

 ピーッ。

 ふと、柔らかな夜風に乗った笛の音が聞こえた。斜面林の方からだろうか。
 ブランコの横を通り過ぎ、背の低い木を掻き分け、奥に貼られているロープを潜ると、僕はそのまま音の鳴る方へと歩いて行く。

 勿論、恐怖は心の隅にあるし、感じていないわけではない。だが、今は押し殺さずともそれ自体が勝手に身を引き、順番的に残った好奇心に身体を奪われていた。
 いや、純粋にその音に惚れてしまっただけなのかも知れない。ただただ、綺麗な音色だと、近くで聞いて見たいと思っただけなのかも知れない。

 枯れ葉を踏む音は一定のビートを刻み、それに合わせるかのように、たった一音だけの音色はリズムを覚える。

 ピーッ、ピッ、ピピッ、ピーッ。

「私の音を聞いて」

 そう言わんばかりの切ない音色は一歩、また一歩と進む度、段々大きく聴こえる。

 そして、草木に囲われた場所、その真ん中にある切り株に腰を掛け、月光を一身に浴びる人影を見つけた。
 すると、小さく息を吸い込む音が聞こえた次の瞬間、また笛の音が鳴り始める。

 ピーッ、ピロピロピロピロピロピロロ。

 だが、ただの音では無かった。曲だ。曲が奏でられ始めたのだ。

「この曲って……」

 ……ショパンのノクターン。二十番目。確か、『遺作』。

 曲が進むにつれ、音は三つ、五つ、八つ、と増えていく。繊細で綺麗な音色をするものだと思ったが、何故か切なさは増す一方だった。
 ゆっくりとしたテンポの波に飲み込まれた風景は色褪せていく。時折訪れる静寂は光を飽和させ、影を一層強めた。夜に染まる振動は鼓膜を震わせ、心まで揺らす。

 気付けば、頬を一筋の涙が流れた。
 感動。そう言えば、良い様に聞こえるが、また少し違う気がする。何というか、“命の輝き”を聞いているかのように思えたのだ。

 三分とない曲を聴き終わると、無性に吹いていた人を見たくなり、近寄ろうとした途端、うっかり木の根に躓いてしまった。

「誰?」

 その人影は立ち上がり、こちらを見つめてくる。
 いっそ、このまま逃げてやろうかとも思ったが、木々を掻き分け、その人の前に姿を出した。
 そこに別に考えなどはない。

「あ、す、すいません。笛の音が聞こえたもので」
「そ、そうですか」

 その人は、同い年くらいの女性に見える。声も若い。ただ、あるのが月明かりだけというせいか、顔ははっきりと見えない。
 そして、彼女の手には竹で出来た玩具のような物が握られていた。

「今のは、それで?」
「あ、えぇ。竹笛です」
「竹笛ですか……凄いですね」

 ぎこちない言葉で場を繋ぐ。
 下手に警察を呼ばれるのもたまったものではないし、それに、(うっす)ら見えた彼女の表情は悲しそうで、話した方が良いと思っただけ。
 取り敢えず、ずっと立つのも何だろうと思い、近くにあった大きな岩に腰を掛けた。

「いつもここで吹いているんですか?」
「いえ。今日は偶々」
「そうなんですか。とてもお上手ですね」
「全然ですよ」
「でも、こんな時間に女性一人で大丈夫ですか?」
「ま、まぁ」
「あ、別に僕は変な事はしませんよ」
「あ、はい」

 それに僕自身も寂しかったのかも知れない。こうして誰かと話せれば、相手なんて誰でも良かったのかも知れない。
 はぁ。
 そんな自分の思考を理解した瞬間、何故か溜め息が出てしまった。

「えっと、あなたは、こんなところで何を?」
「え? 僕ですか?」
「あ、えっと、その、すいません」
「な、何で謝るんですか。大丈夫ですよ」
「え、あ、はい」
「……別にただただ家に居たくなくて飛び出してきたんです。どうせ何処にも居場所なんてないんだし」
「……す、すいません」
「だから、謝らなくて良いですよ。あなたこそ、何で竹笛を?」
「わ、私は、その、す、好きだからです」
「そうですか。でも、なんで夜中のこんな場所で?」
「えっと、あ、その……」
「あ、無理して答えなくても大丈夫ですよ」
「その…………私も、同じです」

 そんな会話をしている時でも、彼女は作り笑いを浮かべている気がした。まるで、何かを怯えるかのように。とは言え、この時間に男と誰の目もなさそうなこんな場所なら仕方ないだろうが。

 当然のようにある程度の会話が終わってしまうと、静かな風が僕と彼女の間を吹き抜けていく。

「す、すいません。お、お名前伺っても良いですか?」

 だが、彼女からそんな言葉が出て来た時は流石に戸惑った。

「僕のですか?」
「……はい」
「……優斗(ゆうと)です」
「わ、私は紗希(さき)って言います」
「あ、はい」
「そ、その、お願いがあるんですが」
「お願い、ですか?」

 さっき会ったばかりなのに、彼女は確かにそう言った。
 戸惑いは更に膨らんでしまう。

「そ、その、わ、私を……その、お、犯してください」
「……え?」
「お、お願いします」
「い、いや、いやいや、ちょっと待って下さい。そんな事無理に決まってるじゃないですか」

 少し身体を後ろに仰け反らせた途端、彼女はいきなり僕の方に寄ると、手を握って来た。そして、顔を近づけてくる。

「わ、私じゃ、だ、ダメですか?」

 そんな言葉を上目遣いで掛けてくる。
 しかも、近くで見た顔は不細工なんて言葉は似つかわしく無いように思えた。

「だ、だから、な、何で、そこまで……」
「お願いです」
「お、落ち着いて下さい」
「お願い、します」

 身体を密着させ、体温を押し付けてくる。さらに、女性特有の香りは本能を(くすぶ)ってきた。
 ここは、誰も見ることが出来ないし、助けを呼ばれたとしても絶対に誰も来ない場所。好きなように出来る場所だ。
 全ての状況が僕の背中を押して来る。

「……すいません。これくらいしか出来ないです」
「…………え?」

 だが、同時に感じてしまった。手の震えを。目の奥が死んでいることを。それが頭で理解(わか)った時には、彼女の背中に手を回し、ギュッと抱き締めていた。

「何があったかは分からないですけど……」
「…………い、いえ。ありがとう、ございます」

 勿論、すぐに手を離そうとしたが、彼女は僕の服をしがみ付くように握っていた。
 それから一体、どれくらいの時間だったのだろうか。
 数秒、数十秒、数分、数十分、いや、数時間。
 彼女はいつの間にか涙で顔をぐっしょり濡らし、泣き声まで上げていた。
 僕には彼女の気持ちは分からないし、何故会ったばかりの僕にあんなことを言ったのかも分からない。だが、一つだけ分かることがあるのならば、彼女が僕と同じで、誰でも良いから隣に居てくれる人が欲しかったのだろう。

「……す、すいません。服、汚しちゃって」
「ぼ、僕は平気ですけど、大丈夫ですか?」
「はい」

 ふと、彼女が首にしているものへと目が吸い付けられた。

「それって、竹笛ですか?」
「……これ、ですか? そうですよ」
「さっき吹いていたのとは違うような」
「……はい。これは一つしか音が出ないんですよ」

 ピーッ。

 彼女は一つ吹いて見せる。
 その音はさっきの音とは違い、小さいが真っ直ぐとした音だった。

「……あの、最後にお願いしても良いですか?」
「はい」
「目を瞑ってて貰ってもいいですか?」
「え?」
「お願いします」
「あ、はい」

 言う通りに、目蓋を閉じる。
 刹那、唇に温かいものが触れた。

「ちょっ……」
「……そ、その、す、すいません」
「い、いや、謝ること、じゃないけど……」

 不意に見上げた空には、暖かい光を放つ月が真上にあった。(ちりば)められた星はゆっくり回りながら、暗い夜空を彩る。雲は流されるままに動き、色褪せた筈の景色は色で飽和しすると、光は様々なものを輝かせる。
 でも、全ては止まっているようにも思えた。

––––止まっていて欲しかった。

「も、もう、帰りますね」
「そ、そうですか」

 だが、無慈悲な世界は、規則通り回り続ける。

「……《《また》》明日の夜に」

 そう言うと、彼女は木々の影へと姿を消してしまう。
 そんな彼女の背中に手を伸ばそうとしたが、追い掛けることは出来なかった。



 一晩明け、(まばゆ)陽光(ようこう)に叩き起こされた。
 朝、か。

 時計を見てみるともう八時を過ぎていた。そんな事実に焦ることなく、いつも通りに制服へと着替え、バックに筆箱を入れると、すぐに家を出る。
 まぁ、遅刻だろうが、別に気にはしない。それに行って、出席とるとすぐに帰って来るのだ。あんなところに僕の居場所などないのだから。

 通学路を歩き、あともうすぐのところに、公園がある。そこは、昨夜も訪れた場所。僕の夜の家でもあるのだ。
 ただ、何故か近くには何台かパトカーが停まっており、その中には救急車もあった。更に、公園には何人もの人がいる。

「ねぇ、君、そこの高校の子?」

 ふと、後ろから声をかけられた。
 警察。
 一瞬、ビクッとしたが、取り敢えず「そうですけど」と言った。

「じゃあさ、山本(やまもと) 《《紗希》》さんって知ってるかな?」

 その名前に、昨日の女性の顔が思い浮かんだ。ただ、ありきたりな名前といえばそうだし、別に彼女について何か知っているわけでもなかった。

「山本……うーん、顔見てみなきゃ分からないです」
「そっか。じゃあさ、昨日の夜、この辺に来た?」

 流石にこの質問には焦ったが、何とか動揺を表に出さないようにする。

「い、いや、分かんないです」
「……分かった。ありがとう。引き止めてごめんね。もう遅刻でしょ? 警察の人に声掛けられたって言って貰って大丈夫だから。気を付けてね」

 そう言うと、その警察は公園の方へと行った。
 一体何があったと言うのだろうか。
 訳も分からないまま、その場を離れようと歩き出す。

 ピーッ。

 ふと、何処からか笛の音が聞こえた気がした。あの彼女の胸元にあったあの笛の音が。だが、近くの木からだった。見上げてみると、そこには青灰色(せいかいしょく)の鳥が一羽いただけ。

「なんだ、鳥か」

 そう言えば、昨日別れ際に彼女は「また明日の夜」と言ったっけ。
 今日も行けば会えるだろうか。
 そう思うと、とても重かった足はほんの少し軽くなった気がした。


 木の上では、(ウソ)が鳴いている。
 その音は、とても繊細で、綺麗で、切なく、とても軽かった。

ウソの音色は軽かった

 お読み下さり、有難う御座いました。
 さて、この作品ですが、中々暗い作品だと思います。こんなコロナウイルスのせいで家に籠ってちゃどうしても暗い作品ばっかり思い浮かんじゃうんですよね。
 はぁ、早くコロナ何とかならんかなぁと祈るだけしか出来ませんが。

 では、少し内容に触れたいと思います。
 皆さんは、ウソという鳥をご存知ですか?
 凄く珍しいというほどの鳥ではないですよ。もしかすると鳴き声は聞いたことあるかも。
 そして、この作品は半分ダジャレ的な発想から生まれたのもあります。ウソと嘘。うん、はっきり分かりますね。
 あと、皆さんは竹笛を吹いたことありますか?
 僕は小学生の頃、よく吹いていた思い出あります。それもちゃんと音階があり、チャルメラどころか、そこそこの曲の一節も出来たっけ。感覚はリコーダーと変わりませんでした。

 さて、あとがきはここで終わろうと思います。
 今後とも宜しくお願い致します。

ウソの音色は軽かった

夜に逃げる優斗はいつもの様に公園へと来ていた。 別に目的はない。何がしたいわけでもないのだ。 そうして、夜空を見上げ、感傷に浸っていると、何処からか笛の音が聞こえてきた。 その音の方へと進み、斜面林へと入っていくと、そこには女の人がいたのだ。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-05-10

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND