366日目の黄昏

桐谷 迅

2月29日

 二月二十九日

 僕にとってこの日は、唯一彼女と逢える日だった。
 四年に一度だけの一日。たった二十四時間。たった千四百四十分。たった八万六十四百秒。そんな日が、彼女とのたった一つの接点というのは皮肉なものだ。
 それこそ、天に浮かぶ星々が紡いだ七夕ですら一年に一度会えるというのに。この世界に神様がいるのなら、きっと性悪の傍観主義者なのだろう。
 でも、なんとなく、僕はそれで良いと思う。
 なんて想いながら、手持の線香に火をつけ、海へと投げ入れた。

「ねぇ、一年って三百六十五日でしょ? なら、今日は一年に無いはずの日だよね」

 そんな事を彼女は話していた。

 揺らめく焼けた陽射(ひざ)し、ほんの少しの間だけ訪れる凪、淡い藍に揺蕩(たゆた)う無色不透明な雲。煌めきに彩られた情景は色々と思い出させてくれる。
 脳裏を過ぎる懐かしい記憶の断片はキラキラと輝き始めた。



「一年にないはずの日?」
「そう。閏年だけにある三百六十六日目」
「でも、なんで?」
「さぁ。でも、そんな日があるってことだけは確か」
「……よく分からない」
「だよね」

 こんな会話さえ本当に楽しかった。そう、心の底から楽しんだ時間。
 笑みを零しながら話す彼女の髪は、夕凪なのに(なび)き、乱れているのに綺麗だった。
 泣き弱って腫れた眼元、叫び続けて枯れた声、何度も転んだ証の泥汚れ。それさえも美しく感じた最期の最後。
 残響に押し潰されそうな中、訪れた沈黙に身を置き、ただただ沈む太陽を見て、物思いに(ふけ)った。



 ふと、遠のいていた意識は携帯の着信で現実へと戻されてしまう。
 ポケットから取り出して、すぐに着信拒否のボタンを押すと、「ごめん。今外にいるから」なんて定型文を選んで、送信する。そして、電源まで切り、その辺に放り投げた。

「はぁ……」

 溢れる吐息には、幾分かの幸せが入っているのだろう。だったら、誰かに届いてくれれば良いな。なんて下らない感傷に浸り、ほんの数瞬の間だけ目を瞑った。
 暗闇に差す微かな光は、こんな時ですら目蓋の裏側に浮かぶ。そんな事に心底うんざりしている。呆れる。茫然とする。でも、心の奥底では安心していた。

 もう一つ、大きな息を吐くと、ゆっくりと目を開く。その瞬間、一筋の流れ星が駆けて行った。
 願い事、願い事……そんな事を考えていると、いつの間にか消えてしまっている。まぁ、だからこそ、三回も願い事を唱えれたら叶うと言われるのだろう。

 ふと見上げると、近くに街という街が無いせいか、もう紺青の空には瞬く光が(ちりば)められていた。腕時計は十八時五十九分を示している。
 やっぱり神様って意地悪だ。
 幾重にもなった偶然は、二つとない鮮明な記憶をこんな綺麗な風景に投影した。



「ねぇ、来世は何が良いかな」
「来世? 信じてるの? 生まれ変わり」
「まぁね。私は、また私に生まれ変わりたい」
「なんだよそれ」
「……また出逢えるかな」
「…………」

 今過ごしているはずの一年に無い今日。例外を許さないこの世にある“例外”。
 多分、それが僕と彼女が出逢えた理由で、たった一つの共通点。そして––––。

「……じゃあ、そろそろ行こうかな」
「……うん」
「ちゃんとお別れをしなきゃだね」
「分かった」

 込み上げてくるのは、言葉に出来ない程苦しい切なさ。最後に見る景色が、こんな綺麗だと、ちょっとくらいの後悔は残るだろうな。
 吐き出してしまいたい全てを、背負いきれない全てを持って、そっと口を開く。

「じゃあね」
「ばいばい」
「また逢おうね」
「うん。また」

 そう言うと、手を繋ぎ、足並みを揃え、ゆっくりと歩き始める。足場のない空に向かって。
 寄せては返す(さざなみ)の音、暮れを告げる烏の声、虫のさざめき。そんなのを横目に一歩、一歩と踏み締めていく。
 互いの体温を確認しつつ、全身の震えを誤魔化し合って、進んで行った。

 そして、もう一歩踏み出せば、天へと続く道へ真っ逆さまだ。
 どんどん強くなる震えに互いを抱きしめ合う。

「ごめん。ちょっと怖いな」
「僕も」
「でも、行こ」
「うん」

 大きく息を吸い込み、“終わり”を覚悟した。
 瞬間。

「月が綺麗だね」

 彼女の小さな(ささや)きに、つい空を見上げ、淡い月に目を()られてしまう。

「……本当にごめんね」

 そんな小さな(つぶや)きが聞こえた瞬間には、もう全てが遅かった。
 不意に強く押されてしまい、大きく後ろへと下がってしまう。

「私の分まで、生きて。強く生きて」

 最期の叫び。
 涙を浮かべながら満面の笑みを見せると、眠りにつくように目を閉じる。そのまま足場ない道へと倒れるように、彼女はそこから消えてしまった。
 遅れて一つ聞こえた水音。

「な……何、で」

 理解出来なかった。
 全てを共にすると誓い合った彼女が、何故、最期の最後で僕を裏切ったのか。
 凪も終わり、潮風に煽られる中、ただ、呆然とするしかなかった。



 結局、あれから彼女を追いかけなかった。追いかけられなかった。
 彼女の言葉のせいか、それとも、死ぬことへの恐怖だったのかは分からない。でも、だから今の僕があるんだと思う。弱虫でも、強くあれば良いんだと、そう思って生きてきた。

 太陽はその姿を隠し、いよいよ僕の頭上は夜一色に染められようとしている。
 ……そろそろ僕は行かなくちゃ。

「ありがとう」

 あの日、決して僕の時計の針は止まらなかった。彼女の所為、なのだろう。多分、それがなかったら、ここには来れていない。
 焼けた風景を仰いだ。

「––––あと、ごめん」

 でも、一度壊れて仕舞えば、直すことなど出来なかった。
 一度でも狂ったものは、決して戻ることを許されなかった。
 進むべきはずの道は、何処にも無かった。

「……じゃあね。また、逢おう」

 腕時計は永遠に十八時五十九分を刺したまま。電池切れでも、故障でも、不具合でもない。
 八年前の今日。理由もなく止まってしまった時計は、この瞬間からまた動き始める。

 そして、僕と彼女の物語は終わった。

366日目の黄昏

 お読み下さり、有難う御座いました。
 さて、こちらの作品なのですが、僕の作品の中では一番文字数が少ないお話になっています。更に、一番ストーリーよりも描写に力を入れた作品です。
 そして、この作品のテーマですが、“閏年”です。皆さんは、閏年も365日だと思っていませんか? 実は、違うんです。366日、つまり、一年にない筈の日があることになるんです。その理由として、本来、一年は365.25……だからだそうです。ただし、閏年がない時もあるんです。閏年は四年に一度ですが、それでは多くなってしまうそうなんです。その為、百年に一度、閏年がないです。ただ、これではまた少なくなるそうなので、結局、千年に一度、無くなった閏年を復活させるそうですよ。うーむ、面倒くさいですね。

 それでは内容に……と行きたいところですが、今回はただただ描写を主題にしたせいで、内容に触れるところは特にないですね。はい。

 さて、あとがきはここで終わろうと思います。
 今後とも宜しくお願い致します。

366日目の黄昏

世界には理不尽が蔓延っている。どうしようもない事なんて、山ほどあるんだ。 そして、その理不尽は僕らが生きることですら、排除しようとしている。 でも、だからこそ僕は彼女に出会うことが出来た。 2月29日。 ないはずの366日目。その黄昏時に。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-05-10

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND