綿毛

少年

 少年は泣いていた。誰もいない空き地に一人佇んで、涙を流していた。成長するということが、辛いことなんだと初めて気がついた。大好きな幼馴染の女の子が高校進学を機に町を出ていく。その空き地は、少年がその幼馴染とよく一緒に遊んだ場所。単に寂しいからと泣いているのではない。楽しかった日々がただの経験となってしまって、忘れつつあって、それがたまらなく辛く悲しいからだ。町も人も変わりつつあったが、その空き地だけは変わっていない。変わらない思い出が、変わっていく現実に押し流されていく。ますます少年の心は揺れる。
 秋風がそっと、少年の髪をなぞる。涙が枯れると、少年は足元にある毛玉のような何かに気付いた。それはタンポポだった。黄色を失った綿毛の花たちが、風に乗って散る準備をしていた。これから離れ離れになるというのに、タンポポの家族は平然と、堂々としている。少年はそれを見て無性に腹が立った。タンポポの方が強くたくましく見えて、自身の弱さをあらわにされた気がしたからだ。
 少年はそのタンポポを摘んだ。大きく息を吸いこんで、花に向かって、大きく息を吹きかけた。綿毛はばらばらになって、宙を舞い、空を滑ってゆく。塵のようだった。
 どこに辿り着くかは風と重力に委ねられている。彼らも、もちろん、きっかけを作った少年さえも、行き先はわからない。
 綿毛はやがて、儚く大地に吸い込まれていった。

綿毛

綿毛

繋がって、離れて、また繋がって

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-05-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted