翠碧色の虹・彩 随筆

T.MONDEN

翠碧色の虹・彩 随筆
  1. 随筆一:とにかく始めてみよう!
  2. 貸してって言われても…
  3. 随筆三:好きなのにいじめるの?

5人の少女さんが、のんびり楽しく綴る日常と恋愛!?

---あらすじ---

不思議な「ふたつの虹」を持つ少女、水風七夏の家は民宿である事から、よくお友達が遊びに来るようです。今日もお友達が遊びに来たようです♪
本随筆は、前作「翠碧色の虹」の、その後の日常です。
↓小説本編
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/nnt_frma_a.htm
↓登場人物紹介動画
https://youtu.be/GYsJxMBn36w
↓小説本編紹介動画
https://youtu.be/0WKqkkbhVN4

どうぞよろしくお願い申しあげます!

↓原作者のWebサイト
WebSite : ななついろひととき
http://nanatsuiro.my.coocan.jp/

随筆一:とにかく始めてみよう!

随筆一:とにかく始めてみよう!

心桜「うおーい! つっちゃー!」
七夏「あっ、ここちゃー☆ いらっしゃいです☆」
心桜「お久しぶりっ!」
七夏「え!? お久し・・・って、昨日も会ってました☆」
心桜「そうだけど、そうじゃなくてほらっ!」
七夏「??? あっちに何かあるの?」
心桜「ないっ! ・・・けどさ、分かるでしょ!?」
七夏「えっと・・・」
心桜「んじゃ、思い出させてあげるとしますかっ!」
七夏「???」
心桜「ずいずい随筆っ!」
七夏「ひゃっ☆ どしたの? ここちゃー? ・・・って、あっ!」
心桜「思い出した?」
七夏「はい☆」
心桜「そう! 『翠碧色の虹:随筆』の時と同様に、今回も原作者が全然この世界の時間を進めないから、あたしが進めてあげる事にしたんだ」
笹夜「勝手に・・・」
心桜「うわっ!」
七夏「ひゃっ☆」
心桜「さ、笹夜先輩っ! びっくりしたぁ~」
笹夜「そんなに驚かなくても・・・」
心桜「はは・・・この流れ・・・今度はあたしが思い出したよ・・・」
七夏「笹夜先輩☆ こんにちはです☆」
心桜「こんちわ! 笹夜先輩!」
笹夜「はい♪ こんにちわ♪」
心桜「ところで、さっきのは・・・」
笹夜「ええ。心桜さんが、この世界の時間を進める事について、勝手に進めていいのかしら?」
心桜「それは、大丈夫です! 一応、随筆に関しては原作者より任されていますので・・・ですから、この後の事も少しだけ知っていたりします!」
笹夜「まあ♪」
心桜「み、見えるっ! 未来が見えるぞ!」
七夏「ここちゃー、本当なの?」
心桜「まぁね! ・・・って事で、そろそろ来るよ」
七夏「来るって!?」
笹夜「ま、まさか・・・」
??「こんにちはー!」
七夏「あ、お客様です☆ はーい☆」
心桜「おっ! 来たようだね!」
笹夜「あの声・・・あぁ・・・やっぱり・・・」
七夏「えっと・・・」
心桜「美夜っち! こっちこっち!」
美夜「お邪魔しまーす! 衣夜っちもほらっ!」
衣夜「う、うん・・・」
美夜「ここが、お姉ちゃん達のたまり場!?」
笹夜「美夜っ!」
心桜「はは・・・まあそうなるかな・・・一応、民宿兼駄菓子屋の『風水』です!」
七夏「ここちゃー、一応じゃなくて・・・本当に民宿です☆」
心桜「そうなんだけど、あたしは民宿と言うよりも、つっちゃーの家・・・だね!」
七夏「くすっ☆」
心桜「ではでは、美夜っち! 自己紹介をお願いします!」
美夜「はいはーい! あたし、高月美夜(たかつきみや)です!」
七夏「高月・・・って、笹夜先輩の・・・」
美夜「はい! いつもお姉ちゃんがお世話になってます!」
笹夜「もう・・・美夜・・・」
心桜「んで、こちらが、えーっと」
衣夜「さ、里河衣夜(さとかわいよ)と言います。よろしくお願いします」
美夜「衣夜っち、ガチガチだよ」
衣夜「だ、だって天美先輩・・・」
心桜「ん? あたしが何?」
衣夜「い、いえ・・・」
美夜「衣夜っち、しっかりしなよ! 主役なんだからっ!」
衣夜「え!? わ、私が主役!?」
心桜「おっ! 美夜っちも知ってたんだ」
美夜「もちろん!」
七夏「えっと、美夜ちゃん、衣夜ちゃん、よろしくお願いします☆」
美夜「は、はい! 水風先輩!」
衣夜「水風先輩、よろしくお願いします!」
笹夜「やっぱり、少し不安です・・・」
心桜「笹夜先輩、とにかく始めてみようって事ですから」
笹夜「え、ええ」
美夜「ここ先輩!」
心桜「ん?」
美夜「今日は、何の集まりですか?」
心桜「美夜っちと、里河さんの紹介なんだけど・・・」
美夜「一瞬で終わってしまったよ!?」
心桜「そう・・・みたいだね・・・あれ? こんな未来だったっけ?」
美夜「未来・・・ですか?」
心桜「まあいいや! せっかくだから、どんな未来がいいか、皆で話してみますか!」
七夏「未来・・・くすっ☆」
心桜「おっ! つっちゃー! いい未来が見えた?」
七夏「えっと、早く柚樹さんと会えたらいいなって☆」
笹夜「時崎さん、お元気かしら?」
心桜「お兄さんは、ちょっと大変だったらしいよ」
七夏「え!?」
笹夜「まあ!」
心桜「1ヶ月間、自宅に帰ってなかったら、色々と行なわなければならない事が増えてたみたい」
七夏「大丈夫なのかな?」
心桜「今は、落ち着いてきたみたい」
笹夜「良かった♪」
美夜「誰ですか? その時崎柚樹って人・・・もしかしてお姉ちゃんの---」
笹夜「み、美夜っ!」
美夜「わわっ! 撤退っ!」
笹夜「ま、待ちなさいっ!」
七夏「さ、笹夜先輩っ!」
心桜「ありゃ・・・三人フレームアウト!?」
衣夜「・・・・・」
心桜「・・・・・里河さん、大丈夫?」
衣夜「え!? は、はい!」
心桜「もっと、気楽に・・・」
衣夜「す、すみません・・・」
心桜「・・・では、衣夜っち! 次回作/続編への意気込みなんかをどうぞっ!」
衣夜「え!? い、意気込み!? まだ私、何も分からなくて・・・」
心桜「はは・・・そうだよね。あたしが里河さんの事を『いよっち』と呼べるかどうかも分からないからね」
衣夜「名前は、どのように呼んでくれても大丈夫です」
心桜「そっか、ありがとね。里河さん! いつか本当の意味で『いよっち』と呼べる未来が来る事を楽しみにしてるよ!」
衣夜「・・・・・はい☆」
心桜「うんうん、ようやく柔らかくなったかな」
笹夜「もう・・・美夜ったら、どこに隠れたのかしら?」
七夏「お外に居るのかな?」
心桜「笹夜先輩と、美夜っちって、いつもあんな感じなんですか?」
笹夜「いつもって訳ではないですけど」
七夏「くすっ☆」
笹夜「私は疲れます・・・」
心桜「あたしは、美夜っちみたいな妹が居ると、毎日楽しくなるなって思うよ」
笹夜「ありがとう♪ 心桜さん♪」
心桜「おや? 少し予想外なお答え?」
笹夜「ま、まあ、美夜は、ああ見えて、人想いなところもありますから、そんな妹が居る事は喜ばしい事かしら」
衣夜「美夜ちゃん・・・」
心桜「ん? どうしたの? 里河さん? ・・・って、美夜っち・・・」
七夏「どしたの? ここちゃー? ・・・あ、あれって?」
笹夜「・・・・・」
心桜「さ、笹夜先輩!?」

心桜「笹夜先輩は、すっと立ち上がり、奥の部屋の包まったカーテンへと近付いてゆき、カーテンをぎゅっと抱きしめた! ・・・というか、あれは抱き締め付けている!?」

七夏「急にどしたの? ここちゃー?」
心桜「一応、ナレーションを・・・地の文を入れておく必要があるかなって」
七夏「???」

美夜「お姉ちゃんっ! く、苦しい!」
笹夜「恋は、心苦しい事もあります♪」

心桜「カーテンに抱きつく笹夜先輩のあの絵図は、なかなかレアかもね?」
七夏「ここちゃー・・・もう・・・」
心桜「!? つっちゃー?」
七夏「笹夜先輩、美夜ちゃん☆ お茶と和菓子ありますから、どうぞです☆」
笹夜「ありがとう♪ 七夏ちゃん♪」

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

美夜「あぁー苦しかった・・・」
笹夜「そんなに強くはしてません」
心桜「はは・・・」
美夜「衣夜っちに見つかったのが敗因だなー」
衣夜「ごめんなさい」
美夜「敗因だなーと思ったけど、感謝してる!」
衣夜「え!?」
美夜「だってさ、一度隠れてる状況になると、出てゆくタイミングって難しいでしょ?」
衣夜「あ・・・」
心桜「里河さんも、いい役になれると思うよ」
衣夜「え!?」
七夏「くすっ☆」
心桜「んで、何のお話だったっけ?」
笹夜「どんな未来がいいか・・・だったかしら?」
心桜「そうそう、それそれ!」
笹夜「未来が見えるのに、私が声を掛ける事は分からなかったのかしら・・・?」
心桜「う゛っ! それは、その・・・近過ぎる未来ですから!」
笹夜「近過ぎる未来?」
心桜「あまりにも近過ぎると、焦点が合わなくて見えないでしょ?」
笹夜「なるほど♪」
心桜「え!? 納得ですか!?」
七夏「ここちゃー☆」
心桜「ん?」
七夏「頑張って☆」
心桜「はは・・・もちろん、頑張ってみるよ!」
美夜「(衣夜っち!)」
衣夜「(なに? 美夜ちゃん?)」
美夜「(ここ先輩って、結構面白いでしょ?)」
衣夜「(う、うん・・・って、失礼だよ?)」
美夜「(あたしと結構似てると思うから、すぐに仲良くなれるよ!)」
衣夜「(ありがとう。美夜ちゃん)」
心桜「んではでは、ここで、次回作『翠碧色の虹・彩』のメインヒロイン、里河衣夜さんから一言、ご挨拶を頂きます!」
衣夜「え!?」
美夜「衣夜っち!」
衣夜「・・・うん!」
七夏「衣夜ちゃん、どうぞです☆」
衣夜「は、はい! みんなと仲良く、頑張りますね♪」
心桜「その台詞は・・・里河さんって本番に強い!?」
笹夜「よろしくお願いします♪」
美夜「はいはーい☆ 頑張ってみるよ!」
七夏「よろしくですっ☆」
心桜「よろしくねっ!」
七夏「くすっ☆」
心桜「んでは! 久々に、つっちゃーも頑張る前作『翠碧色の虹』本編はこちらから!」
心桜「http://nanatsuiro.my.coocan.jp/nnt_frma_a.htm」
心桜「そして、あたしと笹夜先輩も頑張る『ココナッツ』宛てのお便りはこちらです!」
心桜「http://nanatsuiro.my.coocan.jp/nnt_suiheki_novel.htm#QUESTIONNAIRE」
心桜「それじゃ、次回はいつになるか分からないけど、今後とも『翠碧色の虹・彩』を---」
全員「よろしくお願いいたします☆!♪」
心桜「決まったぁ~!」

随筆一 完

------------

随筆をお読みくださり、ありがとうございました!
今後とも、どうぞよろしくお願い申しあげます!

貸してって言われても…

貸してって言われても…

心桜「やっぱり、つっちゃーの家は落ち着くね~」
七夏「くすっ☆」
笹夜「今日の集まりは・・・」
心桜「特に何も無いよ・・・ゲームでもする?」
美夜「あ、ゲームって言えば!」
心桜「ん?」
美夜「このリズムゲームなんだけど、フルコン取れないのがあって・・・」
心桜「どれどれ・・・」
衣夜「あ、天美先輩! となりどうぞ」
心桜「あ、里河さん、ありがとね」
衣夜「はい」
心桜「あ、この曲は難しいヤツだね」
美夜「ここ先輩は取れました?」
心桜「いや、クリアは出来たけどフルコンは取れてない」
七夏「笹夜先輩☆」
笹夜「何かしら?」
七夏「ふるこんって?」
笹夜「美夜が遊んでいるゲームの言葉、フルコンボの略かしら?」
七夏「ふるこんぼ」
笹夜「一度も失敗する事無くクリアする事」
七夏「なるほど☆ 里河さんはゲーム楽しむのかな?」
衣夜「え?! は、はい、美夜ちゃんと一緒の時は少し・・・」
美夜「あっ!」
心桜「どした?」
美夜「限定カード、今日が入手できる期限!?」
心桜「けど、ガチャるにはコイン少し足りないよ・・・」
美夜「お姉ちゃんっ!」
笹夜「何かしら?」
美夜「お金貸し---」
笹夜「ダメです!」
心桜「うわっ! 秒即答!」
笹夜「心桜さん、秒速答です♪」
心桜「この際、同じでしょ!?」
美夜「やっぱダメか・・・」
笹夜「美夜。一応、訊きますけど、どおしてお金が必要なのかしら?」
美夜「そりゃあ、この限定アイテムがほしいから」
笹夜「でもそれって、私がお金を貸す事で確実に手に入るのかしら?」
美夜「それなんだよねー・・・運の要素があるから」
心桜「本当にほしいかどうか、考える必要はあるよねー」
衣夜「あっ・・・」
心桜「ん? 里河さん、どおしかした?」
衣夜「本当にほしいのなら、みんなで協力する事って出来ないかな?」
美夜「さすが衣夜っち! 話が分かる!」
心桜「足りないコインを増やす方法・・・未フルコンを埋めれば良いのか・・・」
美夜「そうなんだけど、今はフルコンできないのだけ残ってて・・・」
心桜「やっぱそうか・・・ちょっと試していい?」
美夜「はい! どうぞ!」

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

心桜「あー、クリアはできたけど全然ダメ・・・フルコンは遠いねー・・・つっちゃーも挑戦してみ---」
七夏「無理です!」
心桜「うわっ! 秒速答! でも、1回くらいは挑戦してみてよ!」
七夏「え!?」
心桜「ほら、里河さんだって『みんなで協力』って話してたよ!?」
衣夜「あ、天美先輩! えっと、水風先輩・・・すみませんっ!」
七夏「・・・・・ちょっと、挑戦してみます・・・」
心桜「うんうん!」

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

心桜「つっちゃーお疲れ・・・秒で終わったねー」
七夏「うぅ・・・手が追いつきません」
衣夜「水風先輩、すみませんっ!」
七夏「いえいえ、お力になれず、すみません」
美夜「あたし、何度も挑戦してるけど、この高速連打のところでコンボ切れちゃうんだよねー」
心桜「高速連打・・・」
笹夜「!? こ、心桜さん? 何かしら?」
心桜「16連打が得意そうな人が居るっ!」
美夜「あー、お姉ちゃんに頼んでも『自分で頑張りなさいっ!』だから!」
笹夜「そんなキツい話し方はしていません」
心桜「笹夜先輩! ここはひとつ『みんなで協力』って事で、お願いできませんか?」
美夜「ここ先輩!?」
七夏「私からもお願いします☆」
衣夜「高月先輩すみません・・・私が余計な事を話したばかりに・・・」
笹夜「みんなで協力・・・・・はぁ・・・1回だけですから・・・」
心桜「おっ! ではお願いします!」

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

心桜「なんと! 華麗な手捌き! さすがピアノ奏者!」
美夜「わぁわぁー!!」
衣夜「すごい・・・」
七夏「くすっ☆」
笹夜「・・・これでいいかしら?」
心桜「いいも何も余裕でフルコン達成してますよね!?」
美夜「ありがとーお姉ちゃん!」
笹夜「・・・こんなところ、時崎さんに見られたら・・・」
心桜「なんでそこで、お兄さんが出てくるんですか?」
七夏「柚樹さんなら褒めてくれると思います☆」
心桜「はいはいー。で、美夜っち、コイン貰えたから、1回ガチャれるようになったよ!」
美夜「よーし! この勢いでガッチャン!」

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

美夜「わぁー虹!」
心桜「おっ!」
七夏「え!?」
衣夜「虹・・・」
笹夜「?」
美夜「・・・からの被り・・・」
心桜「ありゃりゃ・・・」
七夏「?」
衣夜「美夜ちゃん・・・」
笹夜「これは、当たりなのかしら?」
心桜「当たりだけど、既出なのではずれ・・・」
美夜「うー期待したのにぃー」
心桜「もう1回挑戦するのは、コイン集めが厳しそうだねー」
美夜「いえ、いいです!」
心桜「おっ!? 潔いね!」
美夜「みんなに協力してもらって、その上での結果ですから!」
笹夜「~♪」
美夜「衣夜っち、ありがとうね!」
衣夜「え!?」
美夜「衣夜っちの言葉が無ければ、この1回すら挑戦できなかったから」
心桜「里河さん・・・さすが、次期主役の底力・・・」
衣夜「え!?」
心桜「いえいえ、なんでもないっ! 前主役のつっちゃーも頑張りなよ!」
七夏「は、はい☆」
心桜「んでは! つっちゃーも頑張ってる前作『翠碧色の虹』本編はこちらから!」
心桜「http://nanatsuiro.my.coocan.jp/nnt_frma_a.htm」
心桜「そして、あたしと笹夜先輩も頑張る『ココナッツ』宛てのお便りはこちらです!」
心桜「http://nanatsuiro.my.coocan.jp/nnt_suiheki_novel.htm#QUESTIONNAIRE」
美夜「みんなありがと! お姉ちゃん!?」
心桜「どおしたんですか? 笹夜先輩?」
笹夜「お金は貸してって言われても・・・、すぐには貸せませんけど、相手がそのお金で得ようとしている事を支援する方法でなら・・・」
心桜「あー、前にそんな事、ありましたねー」
七夏「えっと、『翠碧色の虹 随筆十五:借りたら返しましょう!』の時かな?」
笹夜「ええ♪」
心桜「おっ! つっちゃー頑張ってる!」
七夏「くすっ☆」
心桜「http://slib.net/75168#chapter51」
七夏「どしたの? ここちゃー?」
心桜「『随筆十五:借りたら返しましょう!』のURLも記しておきます!」
七夏「ありがとです☆」
笹夜「貸し借りに関しては周り人の力や、本人の努力次第・・・って事かしら?」
心桜「なるほど、美夜っち分かった?」
美夜「よく分かったよ・・・みんなで力を合わせれば、大岩も動くって事!」
笹夜「美夜っ!」
心桜「あはは・・・これは分かってない!?」
衣夜「美夜ちゃん・・・」
七夏「くすっ☆」

随筆二 完

------------

随筆をお読みくださり、ありがとうございました!
今後とも、どうぞよろしくお願い申しあげます!

随筆三:好きなのにいじめるの?

随筆三:好きなのにいじめるの?

心桜「あーこれ・・・こういうヤツいるよねー」
七夏「え!? どしたの?」
笹夜「心桜さん。それは・・・お手紙かしら?」
美夜「こういうヤツって、どういうヤツですか?」
衣夜「いじわるする人?」
心桜「おっ! 里河さん鋭い!」
衣夜「え!?」
心桜「切れ味は笹夜先輩で、鋭さは里河さんって事なのか? そういう路線なのか?」
七夏「路線の事なら、お父さんが詳しいかもです☆」
心桜「い、いや。リアルな路線の事ではなくて!」
美夜「ここ先輩、いじわるする人が、どうかしたのですか?」
心桜「あーそれは、この手紙を読めば・・・」
笹夜「心桜さん、歩き手紙は危ないです」
心桜「歩き手紙・・・歩きスマホみたいな言われ方! まあ、確かに危ないかも・・・気をつけます!」
笹夜「ええ♪」
心桜「んじゃ、改めてお手紙を読むね!」
七夏「はい☆」
心桜「ペンネーム、クラスにひとりさん『皆様、こんにちは。私のクラスに、私の事をよくからかったり、いじわるしてくる男の子がいます。その子は、私以外にもいじわるしていたりしますが、特に私に対しては、よくからかってきます。なんとか止めさせる方法はないでしょうか?』・・・という事だそうです」
七夏「どおしてかな?」
心桜「いやいや、つっちゃー! これは、あれだよ!」
七夏「あれ・・・どれ?」
笹夜「七夏ちゃん、きっと、その男の子は、お手紙主さんの事が気になっているのだと思います」
美夜「よーするに、好きって事です!」
心桜「さすが美夜っち、直球だねー。美夜っちは直球キャラで、つっちゃーは天然か・・・あたしはなんだろ?」
美夜「ボケとツッコミ・・・」
衣夜「み、美夜ちゃんっ! すみません! 天美先輩!」
心桜「はは・・・間違ってないかも・・・」
笹夜「もう、美夜ったら・・・」
七夏「どおして、好きなのに、いじわるするのかな?」
心桜「どおしてって・・・どおして?」
七夏「柚樹さんは、とっても優しくて、いじわるなんかしないです☆」
笹夜「人に依るという事かしら?」
美夜「好きな人に優しくできる人と、出来ない人・・・この三つに分けられます!」
心桜「なるほど、三つね・・・んで、あとひとつは?」
美夜「後ひとつは・・・衣夜っちにおまかせ!」
衣夜「え!? わ、私!?」
心桜「はは・・・里河さんも大変だねー」
衣夜「えーっと、な、何も行なわない人!」
笹夜「まあ!」
心桜「おー! 確かに!」
美夜「ねっ☆」
七夏「くすっ☆」
心桜「なるほど、里河さんは、好きな人を、ただじっと見つめるだけの人って事?」
衣夜「ど、どおしてですか?」
心桜「無茶振り時、咄嗟に出てくる言葉は、その人の本質を表してたりするからね」
衣夜「そ、そうなのですか?」
七夏「お手紙の人にいじわるする人って、本当に好きなの?」
心桜「多分、だけど、関わりたいんだよ」
笹夜「でも、素直に関わるのは恥ずかしいから、ちょっといじわるしてしまうのかも知れません♪」
美夜「まー好きな人に関わりたいというのは、分かるけどね」
衣夜「素直になれない・・・か」
美夜「好きなのに、好きって言えない、もどかしさ」
心桜「美夜っち、五七五を意識した?」
美夜「途中で気付いたけど、あえて変えずに強行した」
心桜「さすが直球!」
美夜「そんなつもりないのに、このままだと駄洒落になってしまうー的な事って、あったりしませんか?」
心桜「スキー好き? つっちゃー!」
七夏「え!? すき焼き好きかな?」
美夜「箸は端っこに置かない!」
笹夜「な、何かしら?」
美夜「お姉ちゃん! ここは何かひとつ寒い駄洒落を言う流れでしょ!」
笹夜「そんな急に言われても・・・ま、まっさらのお皿・・・」
心桜「切れ味が落ちた! 里河さん! 助けて!」
衣夜「え!? か、華麗なカレー・・・」
心桜「おー! あったまきた! じゃなくて温まってきた!」
七夏「今日のお夕飯は、カレーにしようかなぁ☆」
心桜「いいね!」
七夏「くすっ☆ では、みんなで一緒に☆」
心桜「わぁーい!」
笹夜「えっと、そろそろいいかしら?」
心桜「はい! 舵取りすみません!」
笹夜「どうすれば、いじわるを止めさせられるかについて、何か方法はあるかしら?」
美夜「止めろ! 大声出すよ! ってのは?」
笹夜「それは、逆効果ね。きっと『好意的ないじわる』から『悪意的ないじわる』に変わってしまいます」
衣夜「わたしの事、好きなの? だったらどうかな?」
美夜「は? 好きなわけねーよ! 自意識過剰なんだよ! ・・・って、なるよ」
衣夜「そう・・・」
笹夜「でも、里河さんの方法は、かなり効果的だと思います♪」
心桜「え!? 逆撫でにならない?」
七夏「好きだったら、優しくしてくれると嬉しいな☆」
美夜「水風先輩に言われたら、解決するかもだけど、あたしの場合は・・・」
笹夜「美夜、分かっているのなら、もう少しお淑やかに---」
美夜「無理っ! あたしがあたしでなくなる!」
心桜「はは・・・ま、クラスにひとりさん。とりあえず、いじわるしてくる人に、自分の事が好きなら、いじわるを止めてって話すことかな?」
美夜「もし、好きじゃなかったら?」
心桜「今後とも、変わらずよろしくお願いします!」
笹夜「心桜さん・・・」
心桜「いやいや、変わるって、好きだって! だから、好きじゃないという選択肢は無い!」
七夏「くすっ☆」
心桜「だから、クラスにひとりさん、言う気を持って頑張って!」
笹夜「勇気・・・かしら?」
心桜「なんで分かるんですか・・・って、これもお約束だね」
七夏「おたより、ありがとうございました☆」

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

美夜「そう言えば、なんで、クラスにひとりずついらん事するヤツが居るんだろ?」
衣夜「先生も上手いこと振り分けてるよね」
心桜「そうとは限らないよ?」
美夜「え!?」
心桜「クラスにひとりではなく、そいつが居るからひとりなんだよ」
衣夜「どういう事ですか?」
心桜「こんな事例がある。いわゆる『ガキ大将』が、転校でクラスから居なくなったんだよ。するとさ、今まで目立ってなかった人が、ガキ大将っぽくなってきて、そのままガキ大将へと昇格したんだ」
美夜「・・・と言う事は・・・」
衣夜「先生が振り分けているのではなく、クラスごとにひとりずつそういう人が現われる・・・」
心桜「そういう事になるね」
衣夜「エスカレーター方式でしょうか?」
笹夜「エスカレーターでも、下る方のエスカレーターかしら?」
心桜「わわ! 笹夜先輩、砥石あったんですか?」
笹夜「ありません!」
七夏「砥石ならあります☆」
心桜「つっちゃーは、いつのまにか、カレー作ってたんだね」
七夏「くすっ☆ もうすぐ出来ますから☆」
心桜「いつも、ありがとね」
笹夜「七夏ちゃん、いつもありがとう♪」
美夜「水風先輩、ありがとうございます!」
衣夜「ありがとうございます☆」
心桜「んでは! つっちゃーが頑張ってる前作『翠碧色の虹』本編はこちら!」
心桜「http://nanatsuiro.my.coocan.jp/nnt_frma_a.htm」
心桜「そして、あたしと笹夜先輩も頑張る『ココナッツ』宛てのお便りはこちらです!」
心桜「http://nanatsuiro.my.coocan.jp/nnt_suiheki_novel.htm#QUESTIONNAIRE」
美夜「衣夜っち!」
衣夜「な、なに!?」
美夜「衣夜っちも、水風先輩みたいに頑張るんだよ!」
衣夜「う、うん!」
美夜「・・・って、どうしたの?」
衣夜「とりあえず、水風先輩のお手伝いから・・・と思って」
心桜「里河さんも、天然要素あるのかな?」

随筆三 完

------------

随筆をお読みくださり、ありがとうございました!
今後とも、どうぞよろしくお願い申しあげます!

翠碧色の虹・彩 随筆

翠碧色の虹・彩 随筆

5人の少女さんが、のんびり楽しく綴る日常と恋愛!? ---あらすじ--- 不思議な「ふたつの虹」を持つ少女、水風七夏の家は民宿である事から、よくお友達が遊びに来るようです。今日もお友達が遊びに来たようです♪ 本随筆は、前作「翠碧色の虹」の、その後の日常です。 ↓小説本編 http://nanatsuiro.my.coocan.jp/nnt_frma_a.htm ↓登場人物紹介動画 https://youtu.be/GYsJxMBn36w ↓小説本編紹介動画 https://youtu.be/0WKqkkbhVN4 どうぞよろしくお願い申しあげます! ↓原作者のWebサイト WebSite : ななついろひととき http://nanatsuiro.my.coocan.jp/

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-04-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted