夕闇のキャンバス

桐谷 迅

『夕焼けと君とヒヤシンス』

 僕と言う人間は、周りから見たらどう映るのだろう。焼けた陽射しが照らす、その流し目から見れば、どう映っているのだろうか。そんな事を思いながら、彼女と言う人間をカメラに写す。
 茜色の学校、直線の廊下、開いた窓、吹き抜ける風。髪が靡き、そっと掻き上げた瞬間をシャッターの中に収めた。

「撮れたよ」
「ん。ありがと」

 アルバムのボタンを押すと、撮ったばかりの写真を画面に表示させ、手渡す。彼女はそれを確認するや否や、すぐにカメラを鞄の中へと入れた。

「今日も遅くまで付き合ってもらっちゃってありがとうね」
「別に。こっちこそ」
「うん。それじゃ、私はもう帰るから。じゃあね」
「また」

 窓を閉め、階段の下へと消えていくのを見送った。
 さてと、僕も帰路に就くとしよう。鞄を持ち上げ、下駄箱まで降り、随分柔らかくなった革靴に履き替えると、その足で駐輪場へと向かう。たった一台だけポツンと置かれてあった自転車の側へと歩いて行った。荷物を籠の中に入れ、解錠すると、軽く勢いをつけて跨り、漕いでいく。速度は上げることなく、落とすことなく、そのまま校門を飛び抜けて行った。
 斜陽に染まる住宅街を横目に、のんびりと走る。生暖かく、ほんの少し冷たい風は、火照る頬を掠めた。心地良い。凪いだ夕空の雲は動かない。なのに、藍で染められていて、もう一番星まで見え始めている。
 何となく、感傷に浸ってみる。別に、そんなことがあったわけでもないし、昔の傷を触れて、自分の命を確かめたいわけでもない。ただ、人間なのだから辛いことの一つや二つくらいあるもの。この胸に秘める想いも、きっと––––。
 途中、自転車を降り、昇り出した月を立ち止まって、眺めてみる。綺麗。なんて、時間をあまり気にすることなく、帰り道を満喫した。

 それでも、三十分と経たない間に、うちのマンションの駐輪場には着いていた。
 ふと、スマホに通知が来る。
 ポケットから取り出し、ロックを解除すると、そのままアプリを起動させ、彼女とのトーク画面を開いた。すると、新しい画像が一枚追加されてる。さっき撮ったばかりの写真だ。流石に仕事が早い。
 “保存”と書かれたボタンを押すと、ポケットの中にしまい、階段を上がっていく。二〇二と書かれた玄関の前に着くと、鞄の内ポケットから鍵を取り出し、開けた。

「ただいま」

 なんて言ってみるが、返ってくる言葉などない。すぐ手前のスイッチを入れ、明かりをつけた。
 物寂しい部屋だな。改めて見てみるが、殺風景という言葉そのものに近い。そんなリビングを横目に、隣の部屋へと入る。
 ただ、そこはさっきと打って変わって、物が溢れていた。
 ここが僕のアトリエ。僕だけの秘密基地でもある。
 荷物を適当な場所に放り投げ、画材を引っ張り出す。数を数え、足元に置くと、パッと思いついた色を手に取り、右側の机に置き、奥から真っ白なキャンバスを取り出した。
 スマホのギャラリーから、今日送って貰ったばっかりの写真を開くと、横画面に変え、台に設置。そこから作業が始まるまでに、大した時間など必要なかった。

 先の丸い鉛筆は細かな線を幾つも描き、白の中に輪郭を生み出していく。だが、それだけでは止まらない。綺麗に流れる目、物言いた気にも見える少し開いた口、華々しい乱れ髪、風に煽られた揺れる制服。そんなところに至るまで、彼女の全てを浮かび上がらせていった。
 穂先の柔らかい筆は下地から段々と絵に色を付け始める。こんなご時世、パソコンでやる方が数倍も楽だろう。ただ、それでもいい。例え、書き方や道具、出力する物は違うとも、同じ絵を書いているはず。だったら……。そう信じて、斑を出すように筆を動かし、全ての土台を作り上げた。

 後は、人と、風景の本塗りだけ……。
 だが、ふと見てみた時計の短針は九の字を刺し、ちょっと集中を切らしてしまうと、空腹と全身の疲れが僕の体を襲う。

「飯……風呂……」

 必死の思いで気怠さを吹き飛ばし、何とか体を動かして、ご飯を胃に詰め込み、サッとシャワーを浴びる。
 だが、結局、アトリエに戻って来たのは十時を過ぎていた。

「はぁ」

 それでもやるしかない。筆を取り、色取り取りの絵具をパレットの上に並べる。勿論、絵具にあるのは原色だけじゃない。ただ、今並べたのはある程度の基本色ばかりで、これと言った特徴的な色は一切なかった。
 大きく一息。柔らかで、繊細で、滑らかな穂先まで意識を向ける。
 色に染まっていく風景は、よく僕らが目にする世界のもの。色付けされていく彼女は、何を考えているだろうか。どれ一つとして纏まらない考えを、直接ぶつける。
 届きそうで届かない想いも全て。言いたくても言えない心も全て。
 胸の奥底へと溜まっていく感情。暴れ、抑え、それでも吐き出したい募る感情。
 叩きつけるように当てていく色。撫でるように塗っていく色。
 その全ては僕の筆であり、絵具であり、材料そのものだ。
 時すらも忘れ、たった一つの写真と、たった一つのキャンバスに向かう。僕が思い描く理想と、僕が存在している現実が混じる絵を。
 ひたすらに、無我夢中だった。

 最後にリボンを赤く染める。これで完成、と言いたかったのだが、何故か足りないような気がしてならない。ただ、どれだけ考えても、模索しても、一切分からなかった。
 と、気付けば、もう十一時を越しているではないか。そう気づいた時にはもう遅く、目は半分も開けることが出来ない。次第に全身の力は抜け、意識が深い闇に浸かり始めた。

 ピロリンッ。

 途端、背後から大きな音が聞こえ、慌てて飛び起きた。
 静寂に訪れたもう一音に一瞬驚くも、振り返って見れば、ただスマホの通知が来ているだけ。こんな夜遅くに連絡をしてくるとは。なんて、溜め息を吐きながら、送り主の名前を確認した。
 が、彼女だ。
 そのメッセージは紛れもなく彼女からのもの。ただ、一見だけしか入ってなかった。
 急いで開き、メッセージを見てみる。

『天河 達樹くんへ
 急な連絡、また夜分遅い連絡をどうか許してください。私は今日が終われば、もう高校生じゃなくなります。本当は、私の愛する人だけに送るつもりだったんだけど、どうしても送っておきたかったので、送らせて頂きました。こんな私と、ずっと昔から仲良くしてくれて、本当にありがとう。天河君からすれば、私は都合の良いモデルだったんだろうけど、私からすれば嬉しかったんです。恋人でもないどころか、思春期で天河君を避けていた私と、それでもよく話してくれたのは覚えています。あと、今日の写真から出来た絵をまた会うことがあれば、見せて欲しいです。では、御元気で。
 三坂 奈穂より』

 堅苦しい長文だった。読み辛くて、仕方が無い。
 ……本当に、本当に、本当に。

「なんなんだよっ」

 叫ぶ。

 唐突に告げられた別れの挨拶。それも、僕を特別扱いした取っておきの挨拶。
 でも、そこには別れの理由なんて何処にも無い。理由もない別れに、如何納得しろと言うのか。
 部屋中に張り詰める空気は、動くことなど出来なくなってしまった。

 胸にはまるで何十本もの矢が刺さったように痛い。苦しい。辛い。
 この気持ちは––––。
 うちに秘めていた想い。ずっと言えなかった想い。そして、もう永遠に言うことの出来ない想い。彼女の側に居たからこそ芽生えたこの想い。
 ––––好き。

 ふと、花瓶に刺されていたヒヤシンスが目に入る。すると、心が締まる感覚とともに、手は筆を持ち、腕は動き始めた。
 夜空を写したかの様な一輪のヒヤシンスを夕焼けた廊下の端にそっと描く。ぼやけた視界の中、この気持ちを託して。

 そして、それの写真を撮り、画像として送った。そして、『保存したよ。最後までありがとう』の言葉だけ見ると、友達一覧画面を開き、彼女のアカウントをブロック、消去する。
 だが、堪え切れるはずもない。夕食も喉を通らぬまま、部屋の電気を消し、布団の中へと潜り毛布に包まった。



 静寂に酔う午前零時。藍の闇に包まれた部屋の真ん中には、蒼い雫がこぼれ落ちたようなようなヒヤシンスの花弁が一枚、床に落ちていた。

夕闇のキャンバス

お読み下さり、ありがとうございました。
久々のオリジナル(?)小説です。縛りこそかけられたものの、ほぼほぼオリジナルでした。ただし、バットエンドで救いのない物語と言われた時は構成に悩みました。今まで、前向きになれるような作品が多かったので、ちょっとキツかったですね。

さて、今回はヒヤシンスというテーマでした。がっつり、花言葉を使いました。完全に確信犯ですね。
ヒヤシンス全体の花言葉は『悲しみを超えた愛』。これをストーリーの中心に据えた上で、紫と青のヒヤシンスを使いました。花言葉は色が違うだけで変わったりします。紫の花言葉は『悲しみ』『悲哀』で、青の花言葉は『変わらぬ愛』です。これで、どんなことを描きたかったか、勘の良い方は分かったでしょう。

今回も楽しんで頂けたのなら幸いです。
他にも、美しさに拘った純愛作品を幾つも投稿しております。
ちょっと切なく、それでも心地良い終わり方をするのが特徴です。良ければ、読んで頂けると幸いです。
今後とも宜しくお願いします。

夕闇のキャンバス

僕は彼女にモデルとなってもらい、絵を描いていた。 緋色に染まる風に吹かれる彼女を描き終わった時、彼女から別れを告げるメッセージが届く。 悲しみに打ち拉がれながらも、その絵にヒヤシンスの花弁を添え、完成させた。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-03-23

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND