昏き夜、眠りにつく前に

桐谷 迅

昏き夜、眠りにつく前に

 日は傾き、東から闇が迫り来る午後五時。凪いだ空を仰いでいた。
 冷めた荒野、頬を掠める空気、暮れと一緒に閉じた花々。そんな物を横目に、僕らは月が昇る方へと向かって走っていた。

「そろそろ代わろうか?」

 運転席の方に向かって声をかける。

「いや、まだ日が落ちてないよ」
「でも、もう五時だけど?」
「もう季節が変わり始めてるから、日が長くなってるだけ」
「ん、まぁ、陽奈がそう言うなら」

 軽トラックの荷台に寝転がり、片手で本を持ち、もう片手で缶コーヒーを軽く口に含み、喉に通す。
 苦い。
 本当は、コーヒーなんて好きじゃない。砂糖かミルクが入っているんならまだしも、ブラックなんてよく飲めるよな、なんて思っていた。だが、彼女が買っているのを見て、無性に飲みたくなってしまったのだ。
 まぁ、偶には悪くないよな。
 そんな風に、後味の悪さを耐えながら、本の続きを読み進めていった。

「ふーふふん、ふーんふふん」

 突然、前から聞こえて来たのは彼女の鼻歌。そして、それが僕らの合図。
 一旦、周りを確認すると、ミュージックプレイヤーに繋がっているUSBをスピーカーに差し込み、再生ボタンを押す。

 流れ始めるのは、アコースティックギターの軽やかな音。ピアノが透き通った音色を響かせていく。

「『モノクロに染め上げられた、このつまらない世界を抜け出そう』」

 ベースやドラムがリズムを刻み始めると、僕も一緒に歌い始めた。

「『揺れた風景は昨日へ。僕らは進んで行く』」
「『見えない光は明日から。待てないよ、もう』」
「『きっと会えるよ』」
「『すぐに逢えるよ』」

 これは、二人の曲。特別な曲。誰にも真似されない、世界にたった一つだけの曲。そんな曲を全力で歌い、風に乗せ、速度を上げる。しみったれた夜を吹き飛ばすように、止まらぬように。

「『追い掛けて追い越して、僕らは走って行く』」
「『見えない終着点を目指して』」

 暗い空に響く誰かの声。
「なんで」「どうして」「無駄」「無意味」
 そんな言葉に揺らぎそうになった想いを歌声に乗せた。
 サビへと徐々に盛り上がっていく伴奏。アップテンポに身を委ね、音量を最大に上げる。そして、一瞬の静寂が明けると、声高らかに歌い上げる。

「『また昨日の夜に遊びに行こうか。誰もいない世界に二人で』」
「『何度も何度も繰り返そう。あの情景を』」
「『終わらない一秒に手を振ろう』」
「『変わらない永遠に背を向けて』」
「『最後の逃避行を』」
「『終着点も分からないこの旅を』」

 速度のメーターは振り切り、幾つもの景色を跨いで行く。
 遣る瀬無い想いに追いつかれぬ様に駆け抜けて行った。誰にも追いつかれない様に。ナンバーワンでいられる様に。
 テンションに上限なんていうものは無く、ブレーキなんていうものはどこにも付いていない。
 何処までも、何処までも、何処までも上げる。
 そうやって、移ろっていく時間に絡みつかれながらも、凍てつく世界を掻き分けた。
 この日を二人で超えて行く為に。



 秒針が十二の数字を何十周も回り終えた頃、もう背後にあった日は完全に沈んでしまった。そして、それと同時に速度を下げ、一度止まる。

「じゃあ、交代ね。結弦」
「はいよ」

 運転席からタバコの箱を取り出すと、一本だけ取り出し、放り投げて戻す。
 口に咥え、懐のライターで火をつけた。途端、勢い良く肺に流れ込んでくる煙に、軽く咳き込んでしまう。
 美味しくもないこれの何処がいいんだか。
 それでも暫く吸い続け、ようやく気管に煙が馴染んだ頃には、もう半分も燃え落ちてしまっていた。
 地面に落とし、靴で踏み消すと、反対側へ回って大きく深呼吸をする。
 冷たいな。
 気づくと、夜が深まり始め、星がキラキラと瞬いている。頬を掠める風に気を取られつつも、昏い夜空にちょっと黄昏た。

「……さぁ、そろそろ行くぞ」
「はいはーい」

 運転席へと乗り込み、シートベルトを締める。エンジンを掛け、シフトレバーをDの位置に下げ、アクセルを徐々に強く踏み始めた。
 この先は一本道。
 見える景色は、ただ一面の草原に、聳え立つ山々。時に変わることもあるが、基本的にはずっとこれが続く。正直、綺麗だし、悪くはないのだが、面白味を求めてはいけない。
 結局、運転のお供はいつもの音楽。ついでに、茹だりそうな気分は助手席に置いて、スピードを上げていった。

 目の前を流れていく一瞬一瞬を横目に、思い出すは昔の記憶。



 どうしても、僕は逃げたかった。
 つまらない大人の罵詈雑言、貶される可能性、道を絶たれるばかりの夢や憧れ。無論、そんなことを分かち合える人なんていない。
 誰も彼もが、大人のご都合主義で作られた理想郷のルールに従っている。
 そこから外れた僕は、『不良品』そのもののように扱われていた。やがて、歳を重ねる毎に、自分の否定までし始めてしまったのだ。
 そんな堕ちた自分を見て、十五になったその夜に、バイクに乗って夜を走り抜けたかった。
 でも、そんな勇気も無くて、より下を向いてしまう毎日。燻んだ部屋、色褪せた窓の外、埃被った世界。もういっそ––––。

「下らない」

 ある日。彼女は唐突に僕の前でそう言った。
 制服越しにでも分かる華奢な身体付きに、透き通るような白い肌。当然、外見からすれば、ただの大人しい美人な女子に他ならない。ただ、見覚えがあるような、無いような、そんな近しい雰囲気を持った女子でもあった。
 そんな彼女がどうして現れたのかなんて、分かるわけがない。
 だが、見ず知らずの相手を目の前に、厳しくも優しい言葉を投げつけて来たのだ。

「そんなのって、馬鹿みたいじゃない?」
「え?」
「じゃあ、君は君を否定した人の為にいなくなるの? それじゃあ、君を否定した人が正しくなっちゃうじゃん」

 返す言葉はない。確かに、間違ってはいない。本当にその通りだ。
 でも、どうして……。そればかりが頭を埋め尽くしている。

「だったらさ、私と付き合ってよ?」
「は?」
「こんなとこをさ、こんな毎日を抜け出そうよ」

 それを言われた瞬間、心の蟠りが音を立てながら消え始めた。同時に、僕を支えていたものも消えてしまう。だけど、代わりのものでは直ぐに補われた。彼女という存在で。
 手を引かれ、“学校から許可なく抜け出してはならない”という決まりを破り、堂々と表門から飛び出していく。行先は分からない。
 それでも良かった。
 きっと、こんな日を僕は待ってたんだと思う。久々に表に出てきた笑顔はぎこちなくて、そして、飛びっきり最高の表情だった。

「ねぇ、君は何か楽器は出来る?」
「え? あ、うん。ベースなら」
「ベース? ギターじゃなくて、何でベース?」
「お祖父ちゃんが弾いてたんだよ。それがカッコよくて」
「へぇ、珍しいね。でも、それなら丁度良かった」

 そんな話も終わる頃、海辺にある廃れた倉庫街へと辿り着いていた。
 そこの八と書かれた倉庫へと、脇のドアから入る。

「此処が私達の始まりにして、終わりの場所だよ」

 そこには、一級品と思わしき楽器の数々が並んでいた。それも、値打ちで言えば、全部合わせると一生暮らしていける程。
 ただ、疑問符は尽きない。

「私ね、音楽が好きなんだ。クラシックでもなくて、ジャズでもない、ポップミュージックが。でもさ、誰も評価もしてくれないし、認めてもくれない」

 そんな言葉は深く、重く胸を締め付ける。

「そんな時に、君の物語を、詩を見たの。それで、私も負けちゃいられないって思ってさ」

 乾いた空気、心は緊張で一杯になる。今まで認められることのなかった自分の作品が認められたこと、そして、誰かの心を動かせたこと。それが、一番嬉しかった。

「……ただ、私もそろそろ限界なんだよ」
「限界?」
「うん。だから、二人だけで逃げようよ」
「え? でも、逃げるって言ったって、何処に、何で行くの?」
「目的地は分からない。でも、とにかく東に行く。地平線を越えるまで」
「だから、どうやって」
「トラックがあるよ」
「トラック?」
「そう。お父さんから貰ったんだ」
「じゃあ、免許は? お金は? 泊まるとこだってどうするの? あまりにも無謀すぎるよ」
「そんなこと、気にしなくて、いいじゃん」

 そう言う彼女の目は、確かに僕に向いている。でも、僕とあの楽器以外の全ては、写っていない気がしている。
 何処か、虚空を見ているようだった。

「まぁ、今はいいや。取り敢えずさ、リズム作るから、歌詞書いてよ」
「は?」
「いやだから、曲作ろうって言ってるの」
「はぁ? いきなりすぎんだろ」
「別にいいじゃん。一生に一度のお願いなんだし」
「言われてないし。しかも、今日初めて会った奴に、それを言うか?」
「細かいことは気にしないで、ね?」

 結局、彼女の押しに負け、彼女の奏でるリズムを聴き、そこから歌詞を描く。
 何処にも行かず、二人でひたすら曲を作る。勿論だが、幾度かぶつかる事もある。でも、その度に少しずつ互いのことが分かり始めていた。
 そんな日々を繰り返すうちに、惹かれ合い、特別な感情まで抱くようになっていく。
 あの日々は、今までの人生の中で一番最高だった。
 そして、カレンダーが五回捲られ、数日が経った頃。ようやく二人だけの曲が完成したのだ。出来は、満足に値していた。

「あ、そうだ。曲名はどうする? 陽奈」
「うーん、そうだなぁ。アレが良いかも」
「アレ?」
「そう」

––––『夜明けの向こうへ』



 思い出の感傷に浸りながら、ハンドルを片手に、もう片手でコーヒーを飲み干した。
 メーターは時速五十キロを示したまま動かず、曲がるところなんて殆どなく、片手は添えているだけ。ただ、それでも走っていると言う感覚には満たされていた。

 もう大分走っただろうか。気付けば、空は白み始めている。星も、段々とその姿を消し始めていた。
 空気も柔らかくなり、月は背中のそのまた奥で、もう沈みかけている。風も出てきた時、ふと、後ろから声が聞こえてきた。

「ねぇ、結弦」
「何?」
「後悔は……してない?」
「何だよ、今更」
「いや、ほら……」
「大丈夫。だから、まだ二人で居れるんでしょ?」
「うん……」

 細い声。とても震えていた。
 正直、僕だって、いつまでこんなことが続けられるかは分からない。それでも、あの日、あの時に決めた事は決して変えるわけにはいかないんだ。そう強く心に言い聞かせて、彼女と話す。
 今度は、僕が彼女の手を引いてあげる番なのかもしれない。きっと、強がって「任せなさい」とか言うのだろうが、本当は彼女だって寂しいだろうし、辛いんだろう。
 だから、今は二人なんだから、僕だって重荷を分かち合いたい。
 そんな思いもアクセルに乗せ、更に速度を上げた。

「久しぶりに、アレ。歌えるかな」
「ん? 何を?」

 すると、彼女は不安定なまま立ち上がり、風に煽られながらも、胸に手を置いた。
 そして、そっと口を開く。

「『たった一人の世界で。誰もいない世界で』」

 伴奏も無しに、声を張り上げる。

「『彷徨っても、立ち止まっても、何も変わりはしないし』」

 いや、違う。伴奏はある。
 耳を澄ませば、何色もの音が流れていることに気が付いた。
 落ちる月も、登る太陽も、その光を響に変え、独特のリズムを刻む。何処となく、川のせせらぎが聞こえ始めたと思えば、音の下地を作り上げていく。風は草原を駆け抜け、壮大で美しいメロディーを奏でた。

「『歩くしかないんだ。また一歩、一歩進むよ』」

 でも、こんな歌詞、聞いたことがない。
 まぁ、色々聞いてはいたが、別にマニアでも何でもない。だから、特殊なジャンルには疎いが、それにしては少し違うような気がする。

「『闇に塗れた景色の中でも、ただ前に行こう』」

 その歌う姿は、とても綺麗だ。
 美しい。そんな三文字では表せないが、生憎、今はこんな言葉しか持ち合わせていない。

「『眠りにつく前に、この昏い夜を超えてゆこう。一瞬先だって分からないし、未来なんて無限。だから、今を超えよう。夜明けの向こうへ』」

 あれ?…………。
 不意に流れた涙は、頬を伝い、風に攫われた。
 違う。違う、違う、違う、違う、違う、違う。これを僕が知らないはずがない。
 この詩は……。

––––結弦、くん。また、何処かで––––

 脳裏から蘇り、全身を巡る残響。
 刹那、衝動に駆られ、後ろにいる彼女を見た。
 重なる淡い白のワンピース。風に靡く長い髪。曲線描くシルエット。その全てがあの子と重なる。
 僕が、詩を書くきっかけになった、大切なあの子に。
 最後まで、歌い切ると、彼女は振り向き、笑顔を浮かべる。だが、その眼には一粒の涙が浮かんでいた。

「陽奈、ちゃん……」
「––––やっと、思い出してくれたんだ」

 陽奈ちゃん。
 そんな名前さえ、腐ってしまった日々の中に埋もれてしまっていた。

 小さい頃、僕と彼女はよく遊んでいた。ずっと一緒に、いつも二人で。だが、大人達の都合で、引き離されてしまった。別に、何ら不思議なことではない。そんなこと、世界中の何処でも起こり得る話だ。
 でも、僕と彼女は、多分、互いがどうしようもなく好きだったんだと思う。
 だからか、彼女との別れに合わせて書いた詩は、僕の一番の作品。良くも悪くも、それ以上の作品は作れた試しがない。

 全てを思い出し、募っていく感情。
 何で忘れてたんだろう。僕の心の一番奥底にあった筈の、一番大きな支え。
 あぁ、もう。本当に……。

「……バカ」
「どっちがよ。本当、気付くのが遅いの」
「ごめん」
「そろそろ、夜が明けてきたね」

 太陽は地平線からゆっくり顔を出し、地上を照らし始める。心地良い朝風に揉まれながらも、僕らはひたすら進んで行く。
 ひたすら、東へ向かって。夜明けの向こうを目指して。



 僕らの体はきっと、いつまでも海底に沈んだトラックの中なのだろう。
 それならきっと、これはまだ浅い眠りの夢。いつまで続くかも分からない。けど、決して覚めることはない夢。暗くなる前に訪れる夢。
 そう考えれば、何の因果なんだろうかな。
 これじゃあ、あの時の詩のタイトル通りになってしまっているではないか。

 まぁ、それでも良いか。二人で居られるのなら。

『昏き夜、眠りにつく前に』

昏き夜、眠りにつく前に

お読み下さり、ありがとうございました。
お題小説が続いたので、今回は自分が描きたい物語を描きました。
この作品は、とある曲から着想を得て書いた作品です。とは言え、世界観も描こうとしたことも違うので、あくまでイメージだけですが。

さて、『曲』というテーマで書いたのですが、やっぱり小説のテーマやジャンルは個性が出る物なのだと、改めて感じました。僕の最初の作品も、歌が関係していたことや、僕自身が軽音楽部にいたという事と照らし合わせるとよく分かります。

今回も楽しんで頂けたのなら幸いです。
他にも、個性が溢れる純愛作品を幾つも投稿しております。
ちょっと切なく、それでも心地良い終わり方をするのが特徴です。良ければ、読んで頂けると幸いです。
今後とも宜しくお願いします。

昏き夜、眠りにつく前に

僕が詩を書いて、彼女が曲を作る。そして、二人で歌っている。 トラック一台だけで一本道をひたすら進んでいた。 この旅はいつ終わりが来るか分からない。それでも、ただひたすらに東へ向かう。 昇る太陽その光を目指して。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-03-23

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND