フレンチトーストの頭

ちひろ

頭の中に考え事が沢山、虫のように渦巻いて、
嫌いな人もたくさん、でも好きな人もたくさん、どっちが本当?
頭が痛くなる。ヨーグルトの真っ白が好き。
なんでこんなに人のことを信じられないんだろう?
誰かが心の中で笑ってる。通り過ぎても通り過ぎてまた笑ってる。
心の中で笑ってる。
68人の内、63人が優しくしてくれても、5人がもしそうじゃなかったら、心の中が灰で埋まる。
そんな自分を変えたいのに、もし、誰かが少しでも自分を馬鹿にしていたら?
そんなこと許せないのに、でもそんなこと誰にも分かりっこないのに。
蜂の蜜を横取りして、幸せな夢を見る。
私だってそうだ、けど、嫌いなあの人はそんなもの見ちゃいけない。
おかしいことだって分かってるけど、頭の中に猛烈に思い出す。心の中にフォークが突き刺さって、溶ろける心臓を掻き混ぜる。悠長なセリフで、彼女の足をちょんぎって、血塗れの手で人に手を差し出す。
わたしだってそう、でもあなたは駄目。あなた達は駄目。
飛び越えた線の向こうに行ってしまったんだから、あなた達はもう二度とこっちに戻ってこられない。

フレンチトーストの頭

フレンチトーストの頭

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-03-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted