AO

雀斑

・登場人物・
葵(あおい)
猫っぽくツンデレ。素直で非常にチョロい。
聖(ひじり)
葵が可愛くて仕方ない人。とにかくいじめます。

・ざっくり内容説明・
とある賭けに負けた葵の腰を優しく撫で続ける聖。「これが罰ゲーム?」と頭に?マークを浮かべる葵。このお話は撫で続けられ約1時間たったあとのお話です。あとは色々察してください。

葵:っ、、ん、なぁ、ひじり、、

聖:なあに、葵。

葵:これ、、ん、いつまで、続けんの?、、

聖:んー、俺の気が済むまで。かな。

葵:はあ?!っあ、もう、いいって、ばぁ、、

聖:だあめ。これは罰ゲームなんだからさ。

葵:だからって、こんな、罰ゲーム、、ねぇだ、ろ、んん、(身をくねらせ)

聖:たしかに変かもね。(くす、と笑み)

こうやって、、葵の腰を、ひたすら撫で続けるだけだなんて。、、ね?
(つつつ、と葵の腰に指を滑らせ)

葵:ひぁっ!(つい声が漏れ)
ん、、擽ったいの、もう嫌なんだってぇ、、

聖:本当に擽ったいだけ?(ゆるりと首を傾げ)

葵:そうだよ、、当たり前、だろ、っ、

聖:それにしては顔が赤くない?目だって、何だかトローンとして来てるし。(顔を覗き込み)

葵:気のせいだばか!、、っあ、
(一瞬声が艶っぽくなり)

聖:ん?どうしたの、葵。(ニヤ、と笑み)

葵:んあ、、まって、そこなんか、やだ、、

聖:ああ。ここでしょ、葵。
(尾てい骨をとん、と指先で軽く叩き)

葵:っあ!?だめ、それ、なんか、へん、、っ、
(はあ、はあ、と息が荒くなり)

聖:ふふ、やっと効いてきたね。1時間かけてゆっくり責めた甲斐があったなー。
(とん、とん、と指先で叩き続け)

葵:あっ、あぅ、やめて、それやめて、ぇ、

聖:(叩きながら)知ってる?葵。
俺達には昔ここからしっぽが生えてたんだって。

葵:んあ、しっ、ぽぉ、、?(蕩けた声で)

聖:そう、しっぽ。猫とかそうなんだよ、尻尾の付け根あたりをこうやってされると、だんだん気持ちよくなってきて、、(ぐ、と指圧し)

葵:ん、んっ、あー、、あぅ、、
(ぎゅ、と聖に抱き着き息を吐いて)

聖:ほら、葵?腰が無意識に上がってきてる。
(するする、と腰を撫であげ)

葵:は、、?うそ、なん、でぇ、、??

聖:気持ちがいいからだよ。こうやって俺にここを刺激されるのが、葵は好きってこと。

葵:ちが、違う、こんなの、好きじゃない、、っ
(ふるふる、と首を左右に降り)

聖:違わないでしょ。(かぷ、と耳を甘噛みし)

葵:ん、ん、耳やだ、いやだぁ、、っ

聖:腰揺れてきてるよ、、気持ちいいね、葵。
トントンってここ叩いてるだけなのに、さっきより声が出ちゃってる。

葵:やだ、おかしい、俺のからだ、変だ、、っ
(後半から涙声で)

聖:変じゃないよ、葵はちゃんと上手に気持ちよくなれてる。いい子だね、葵。(頭撫で)

葵:やだ、もう、とんとんやだ、やだぁ、、
(ずびずびとしゃくりあげ)

聖:さっきからやだしか言ってないよ、葵。(からかうような口調で涙を拭い)

葵:っ、、!!(ぺち、と手を払い除け)

お前のそういうとこ、本当に嫌いだっ、、
(悔しそうに睨み)

聖:ふふ、前々から知ってるでしょ?俺がこういうやつだってこと。(クスクス、と笑み)

葵:(拗ねた様子で)、、もういい。

聖:ん?

葵:、、もう、しろよ。(顔を埋め)

聖:(目を細めて)なにを??

葵:だから!罰ゲームとか、もういいからっ、、
(ゴニョニョと)、、本番、しねぇの??

聖:、!(一瞬目を丸くし)
へえ、したくなっちゃったんだ?(押し倒し)

葵:るせ。全部お前のせいだっての、、ん。
(聖に甘える様に擦り寄り)

聖:ふふ。やっぱり猫だね、葵は。

葵:はぁ、、?なんだよそれ、、

聖:ああ、いや。(一息置いて)

「発情期のメス猫」の方が正しいかな?

葵:、、やっぱり嫌いだわ。お前のこと。

AO

AO

  • 小説
  • 掌編
  • 成人向け
  • 強い性的表現
更新日
登録日 2020-03-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted