くたびれちまう

花野 尋


ああ、くたびれちまう


くたびれそうだ


何本もあるく黒のシルエット
見え隠れする、私
タイルの線を指でなぞって
ナニカを確めた


渇いた風が首にまきついて
そんな苦しさにも馴れて
涙目で眺める
潤った世界


くたびれそうだ


目の高さで光るヘッドライトが
眩しくて、きっと焼かれたみたいに
私が、影になる


だれかみていてよ


この世界にしゃがみこんだ
くたびれちまう
寸前を

くたびれちまう

くたびれちまう

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2020-03-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted