あるつたえ唄

戸魚

あるつたえ唄

お手手ひかれて田端を行きし

案山子なんぞは怖くはないよ

夕闇謳えや悲叫の若く

山がわれらに覆いかぶさる

笑み笑みだれかが仮面を割った

花咲盛り

宵々

あるつたえ唄

あるつたえ唄

お手手ひかれて田端を行きし

  • 自由詩
  • 掌編
  • サスペンス
  • 時代・歴史
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted