春にまぎれて

花野 尋

 季節が迷うように、そりゃあ僕も迷いますよ
今日は寒くなくて、たまにかわいた風が吹いて
鼻ですこし吸った時に、春っぽい
なんとなさを感じて
プロポーズなんて大それたことはできないけど
告げる、ことぐらいは
たとえばあなたが冷蔵庫を開けたうしろ姿に、愛くるしくて、言ってみるとか
こんなご時世だから、意味なんてないのかもしれないけど
それでも
夫婦別姓なんてある時代だから、個人を大切にしながら、僕のほんのすこしの独占欲が
あなたとしあわせになることを祈って
なんてセリフをつけ加えてみたり
もうそろそろ帰って来る
まだ先の春にまぎれて
今日、言おう

春にまぎれて

春にまぎれて

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted