多久さんの事件簿【だから彼は強い編】52

Shino Nishikawa

欲求不満だった

多久さんの事件簿【だから彼は強い編】52
4年に一度開かれるバリスタの祭典‥。そこへの出場権を得るにはとても厳しい戦いに勝つ必要がある。
しかしこの4年、前回王者の智秋はトップの座をゆずらなかった。
ラテアート部門のミチルは、前回は不倫疑惑で出場権を逃したが、この4年はトップを走り続けてきた。

智秋はコーヒーの仕事は好きだったが、欲求不満で悶々としていた。
勝ち続きの智秋に、周囲は恨みをつのらせていたせいだ。
智秋は東京で見つけた可愛い子に声をかけた。
そしてスタバで仲良くなり、すぐにその子のアパートに行った。
智秋は欲求不満でイライラしていたのと、スターの自分に飽きていたせいで、その子を愛してしまった。
しかし、有名人の智秋は、凡人のその子と付き合うわけにはいかない。
その子を愛した翌朝には、トップパティシエの女からメールがきたのだ。
大学生のその子は、少し狂ってしまった。
少したち、智秋がその子に会いにいくと、アパートは空だった。
その子は狂い、大学をやめたのだ。そして今は、お饅頭の仕事をしている。
それでも、その子は智秋に愛されると信じている‥。

ミチルも大体内容は同じだった。
凡人の子を愛してしまったのだ。
そして、ミチルはこの4年で10人以上の女を抱き、そのうち3人は全裸でミチルの顔の上をまたぎ、ミチルは3人の女の股を真下から眺めた。
それでも、ミチルは強い。
智秋も強い。
だから、彼らは本物なんだよ。
本当に彼らは強かったのです。

もしかしたら、有名人に愛されるかもしれないという望みが、人々を東京から離さないのかもしれない。

多久さんの事件簿【だから彼は強い編】52

多久さんの事件簿【だから彼は強い編】52

  • 小説
  • 掌編
  • サスペンス
  • ミステリー
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-02-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted