蝋燭堂【掛け合い台本】

那智琉

蝋燭堂【掛け合い台本】

【配役】
妖・・・片時も眠らず、蝋燭を管理している。
★青年・・・愛する人の命を救うため、必死で蝋燭堂までたどり着く。

ここは、誰も来ぬ蝋燭堂。

ここは、誰も来ぬ蝋燭堂。

おや、お前さん、その匂いは…人間だね

★こ、ここはどこだっ!アンタ、何者?

どうやって辿り着いたかは知らんが
ここは…人が来てはいけないところだ

★ここは、まさか命を管理してるという
妖の世界かっ?

ほぅ…やけに詳しいな
どこで知ったんだ?

★そんなことどうでもいい!
なぁ頼む、俺の願いを叶えてもらえないか?

なに?
願いを叶えて欲しいだと?

★頼むよ!時間がないんだ!

フンッ…聞いてやるいわれはないが
退屈しのぎに言うてみるがいい

★あいつが…あいつの命が消えちまう、
頼むからっあいつの命を奪わないでくれ!

愛する者の命を消すな とな
ふむ…よいか、この蝋燭堂は
毎日消えていく数が決まっておる
増えていく数も然り
それは変えられぬ掟だ

★掟…。だったら!俺の蝋燭となら、変えられるだろ?

ほぅ…お前さんの蝋燭とすげ替えるとな

★それであいつの命が助かるなら!頼む!

よかろう…妖との契約には対価がいるものだ
お前さん、何を差し出す?

★対価…なにを、出せばいい?

ふむ…儂は生まれてこの方、眠らず管理をしておる故、夢というものを見たことがない
どうだ?残りどれだけあるかは知らんが
お前さんが事切れるまでの夢を儂に差し出せ

★俺の夢を?…あぁ、わかった、夢でもなんでもやる!だからっ!!

よし、契約は成立した

★やった…やったぞ!!

ではふたつの蝋燭をすげ替える


【おんまくばさらだかんのん
じだらやそわか】

★ううぅっ…(真言が始まり出したら被せる)

目が覚めたら、ここでの記憶は消える
二度と会うことはない
さぁ、夢の中へお帰り

蝋燭堂【掛け合い台本】

蝋燭堂【掛け合い台本】

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • ミステリー
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted