雨の朝にきみはきえた

あおい はる

 さあさあとふる雨に、きみがきえた朝。きれいだった、あの日の、山からみえた町と、海と、水平線が、ぼくのあたまのなかでぐちゃぐちゃにとけて、まぜこぜになった。山と、森には、いきものたちがみんな、ひっそりといきていて、いきているはずなのに、いきていないみたいで、ちょっとこわい。
 恋人の夢は、いつも、スクリーンで映画を観るように、ぼくのなかで投影され、ぼくのすべてを、支配してゆきます。恋人の夢に、ぼくは染まる。ばかみたいにハッピーならば、まだ、ゆるせるけれど、ぼくの恋人のみる夢は、どちらかといえば、世界観の破綻した、負の感情が渦巻く、色で例えるならば、赤と黒のみの、音で例えるならば、皿を、フォークの先端でなぞっただけの、つまりは、不快、それにつきるということ。恋人のことは、あいしているけれど、あいしているぶんだけ、狂ってゆく気がします。
 きみがきえた朝に、ぼくもいっしょにきえたかった。
 雨にぬれて、洗い流されたかったよ、なにもかも。

雨の朝にきみはきえた

雨の朝にきみはきえた

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND