故郷

明日 理沙

純真なる私を道連れにした私の影に

積もる雪は怪しく光る

味も 香りも

同じはずなのに

何処か濁り

拭いようのないその体温は

溜池に浮かぶ少女を羨む

歩く私は

過去の中にいる

故郷

故郷

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-02-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted