かつて少女と呼ばれた肉塊は その日ふわりと宙を舞った

静深

少女が1人 ホームにポツンと佇む
少女は心にあふれんばかりの涙を抱えて
静謐に じっと先を見据えている
その眼に映るは天国か はたまた地獄か
どちらでもよい 無心の少女に今更そうした分別は不要だ

真っ直ぐに 果てなき闇へと続くそれは
少女が歩んだ人生の長さと色のよう
途切れる事を知らない果てなきそれは
どこまでも続く不安のよう

少女の瞳と心は決意を固める
瞬間 滑り込んだ車両に向かって
助走をつけて 飛び込んでゆく
少女は舞った 宙を舞った

白線超えて
かつて少女と呼ばれた肉塊は その日ふわりと宙を舞った

かつて少女と呼ばれた肉塊は その日ふわりと宙を舞った

かつて少女と呼ばれた肉塊は その日ふわりと宙を舞った

  • 自由詩
  • 掌編
  • ミステリー
  • 青年向け
更新日
登録日 2020-02-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted