19 9  7

西園寺リルケゴール作品集2

19 9  7


       
   
地下道を歩いてヘ音記号の数を数える出町柳の冬。唐突に誰かが拾い、誰かが落とす。「どんな星座なら殺されてもいい?」。定食屋の軒下で見られないように、人を得ない引き金を弾く。もう少しで一条寺のバス停。子供を母が追う先の雑貨屋。僕が僕を見棄てる予定。詩になれるなら。驟雨。高瀬川は優しすぎた。

  

19 9  7

作品集1 http://slib.net/a/1845/
作者ツイッター https://twitter.com/2_vich

19 9  7

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-02-10

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted