なごり雪

渡逢 遥

身体だけが馴染(なじ)んで 心がSOSを発している
2ヶ月目の校舎と教室のなか
わたしの席だけ空調がきかない
気がする 気がするだけ
体内で絶えず慟哭(どうこく)する 懲役12年の魂
わたしすら知らない顔をわたしはきっともっていて
そのフェイクニュースに自由を拘束されているのはわたしだけ わたしだけ 怖いよ
ここではうまく呼吸ができなくて
うまく呼吸をしてるのは保健室にいるときのわたしだけ
いつものわたしはズルくないから
すこしズルをしないと ズルくないわたしを保てない
帰り道の空が()んでみえない
金曜と月曜を天秤(てんびん)にかけて 懺悔(ざんげ)を図る夜
嘘つきから卒業できずに 卒業なんてできるのかな
こんど先生に言ってみようかな
「席、移動してもいいですか?」

なごり雪

なごり雪

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted