ふたりだけの孤独

渡逢 遥

ことばは半導体

ことばは電流

ことばはあなた

ことばはわたし

わたしとあなたは

愛と哀との懸垂体(けんすいたい)

愛することが哀しいのか

哀しいからこそ愛するのか

手が離れてもふたり

手を忘れればひとり

電圧はふたりのこころだった

死なれることは忘れられることではなくて

永遠(とわ)(ちぎ)りを結ぶこと

欠けた脚でも迎えにいくよ

わたしとあなたは

愛と哀との懸垂体

ふたりだけの孤独

ふたりだけの孤独

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-02-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted