Keep on charging

渡逢 遥

窒息した約束が玄関のまえにいくつも落ちている

首を絞めたのはわたしなのにな

Suicaにチャージした領収書が

どうしても捨てられなくてさ

財布のかたちが変わっちゃうんだ

手に触れられないものにいつも怯えていて

トンネルのなかで沈黙が反響していた

トンネルのなかで沈黙が反響していた

鳥かごのなかの鳥たちは殺し合いを始めて

生き残った最後の一羽も自ら命を絶ってしまうんだ

かごに落ちている羽をひろいあつめて

きれいな羽だけ財布にいれた

また財布のかたちが変わっちゃうんだ

Suicaにチャージした領収書が

どうしても捨てられなくてさ

Keep on charging

Keep on charging

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted