美しい距離

ミナト螢

セロハンテープの一輪車
思い出を乗せて回り続けて
タイヤが擦り切れたら捨てる
それでもここまで進んだ胸に
小さく丸めて勲章のつもり
ざらざらとした埃の中には
苦い恋だとか淡い夢だとか 
指先の裏を包んだ過去が舞い
粘り気の無い雪のようだった
もうゆっくりで良いと笑って
途切れた時間に魔が差しても
テープの端を持って走り出す
それはまだ何も付着する前に
透明なままの蓋を開けたから
空の色に少し触れてみたい
星の光に少し腫れてみたい

美しい距離

美しい距離

  • 自由詩
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-02-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted