ありがとう、先生

ヤリクリー

注意事項
①米印の箇所は読まないでください。
②カッコ内は読んでください。
③このお話は、男性2人と女性3人の計5人声劇です。

ありがとう、先生

〔登場人物〕
男性:駿太(しゅんた)、大輔(だいすけ)、
女性:栄子(えいこ)、沙貴(さき)、彩香(あやか)


駿太「今から話すのは、俺が、幼稚園に通っていた頃のお話さ。その幼稚園に、俺が、結構気になっていた先生がいてね。今頃、どうしているのかなぁ?なんて思うわけさ。」

彩香「ねぇ、貴方。なんでそんなことを話そうと思ったの?」

駿太「それは、ここ最近、大きく話題となったニュースを見たらわかるさ。確か、君は保育園の出身だったね。それなら、今回のニュースは、よくわかるでしょ?生憎(あいにく)、自分は幼稚園の出身だから、保育園のことが、よくわからないんだ。まぁ、そのあたりは追々(おいおい)話を聞かせてくれ。」

彩香「わかったわ。また、今度、その話をするわ。」

駿太「ありがとう。
そんじゃ、始めよう。俺が気にしていた先生、栄子(えいこ)先生のことを。」

彩香「栄子先生って、確か、貴方のアルバム写真の中にいた、紫色の服を着たっていう、女の先生のことかしら?」

駿太「そう、それ。彼女は、良い意味では、セクシー。言葉を変えると、大人の色気があったんだ。悪い意味では、おばさんな先生だった(笑)。…て、そんなこと口にしても、当時の年齢じゃ、そんな考えなんて全く浮かばなかったね。良いもんだよ、幼いころの自由さは。」

彩香「そうよねぇ~。当時の無邪気さは、それこそが、当時の青春のようなもので、かけがえのないもの。

あの頃の無邪気さ、また欲しいわ。」


(※栄子は、駿太が年少の頃の担任だった。)

駿太「せ~んせ!

(先生、今日も今日とて、濃い紫色の服を着ているなぁ。しかも、女性の、大人が描かれている。ちょっとだけビックリしているのは、秘密♪)」

栄子「ん?どうかしたの?しゅんたくん。」

駿太「せんせ。今日は、何か出し物やるの?他の先生は、何か、マジックや踊りをやるって言ってた。」

栄子「さぁ?どうかな?」

駿太「おしえて~、せんせ~。」
(※ねだる駿太)

栄子「だ~め。始まってからの、お・た・の・し・み♡ ね?」

駿太「は~い。」
(※若干、ご機嫌斜めな駿太。)


(※この日は、クリスマスのお遊戯会〈おゆうぎかい〉。先生たちが、必死になって練習したパフォーマンスを披露する日なのだ。)

大輔「楽しみだなぁ♪どんな演技をするのか、楽しみだ!」

駿太「だ、だいちゃん…。」
(※だいちゃんとは、大輔のこと。)

大輔「ん?なになに?しゅんちゃん。」
(※しゅんちゃんとは、駿太のこと。)

駿太「恥ずかしくなったら、後ろ、隠れていい?」

大輔「しゅんちゃんは、人見知りなんだから!(笑)

いいよ!いざとなったら隠れんぼだ!」

駿太「ありがとう!いぇい!」

大輔「いぇい!」
(※駿太と大輔で、ハイファイブ。)


(※始まりの言葉があり、演技が始まる。)

沙貴「みんな!私の持っている、このハンカチを見ててね。可愛い可愛い、この、お花のハンカチが…、じゃん!

本物のお花になりました!拍手~!」

大輔「おい、見ろよ!沙貴先生が、マジックをしているぜ?かっこいい…。」

駿太「お、おう…。見てるよ…。

(す、すげぇ…。)」

沙貴「次のマジックをする前に、1人、お手伝いをお願いしてほしいな。

誰か、お手伝い、してくれる子~?」


(※次々と、園児が、「は~い!」と、手を挙げる。)

大輔「はい!はい!僕に!僕にやらせて!」

駿太「(僕はいい、僕はいいから…。お願いだから、あてないで…。)」

沙貴「それじゃあ…、そこの、赤いレーシングカーのワッペンの子!」

大輔「お!俺だ!やったぜ!!は~い!!」

沙貴「それじゃあ、キミ。名前を教えてください♪」

大輔「はい!高倉大輔(たかくらだいすけ)です!」

沙貴「だいすけくんね。よろしく♡

早速だけど、この、金色のコインを、手に持っていてね。」

大輔「はい。」

沙貴「そして、そのコインを、ギュっと、握りしめてね。」

大輔「ギュッ!」

沙貴「そして、この、緑色のコップを見ていてね。タネも仕掛けもない、このコップ。これを、台の上に置くよ。

…それでね、だいすけくん。さっき握っていた手を、開けてみて?」

大輔「うん。」


(※恐る恐る手を開ける。)

大輔「あ!コインがない!どこなの?おーい!コイン~!」

沙貴「じゃあ、だいすけくん。さっきのコップ、上げてみて?」

大輔「うん。」


(※コップの中には、あの時のコインが)

大輔「コインだ!やったぁ!!」

沙貴「マジック、大成功!!」

大輔「わぁ~い!」


(※拍手と歓声が沸く。)

沙貴「だいすけくん♡お手伝い、ありがとう♡」

大輔「どういたしまして♪」

沙貴「はい!お礼の、クリスマスプレゼント!中身は、家で開けてね?」

大輔「はい!」


(※「いいなぁ~ (´・ω・`)」という、羨ましい声が上がる。)

大輔「やりぃ!」

駿太「お疲れ様。中身、何なんだろうね?」

大輔「後で、じっくり楽しむもん♪

今日は、お迎えに来てもらうし♪その中ででも、やっちゃお♪」

駿太「実は、僕も、今日はお迎えに来てもらうんだ♪こういう時は、パパに、お菓子やパン、ジュースを帰る途中で買ってもらえるんだ♪」

大輔「いいよなぁ~。 (´・ω・`)」

駿太「いいでしょ~♪ (´▽`*)」


(※そして、お遊戯会は進み、クライマックスの劇に。演目は、『猿蟹合戦〈さるかにがっせん〉』)

駿太「もう、お遊戯会も終わりかぁ。劇だけになちゃった。」

大輔「別にいいじゃん。終わったら給食だし。

しかも、今回は、豚汁(とんじる)が出るんだよね♪」

駿太「あ!確か、ケーキも出るよね?」

大輔「出るとも出るとも!」

駿太「早く終わらないかなぁ?(笑)」


(※劇の幕が上がる。)

駿太「おぉ!始まった始まった!

(おなかすいたぁ~。)」

大輔「『猿蟹合戦』」って、どんな話だっけ?」

沙貴「猿が甘い柿を食べて、苦い柿を蟹に投げつけてられてしまうんだけど、それの仕返しを、仲間がする、っていうお話よ。」

大輔「うん、そうそう…。

…って、えぇ?!先生?!」

沙貴「しー。」
(※先生の、シーの指が、大輔の唇の前に。)

駿太「www」

大輔「おい、しゅんたァ~!」

沙貴「劇、始まっているわよ。」


(※猿が蟹に、渋柿を投げつけるシーンに。その時の、蟹の役の人に、見覚えがあるようで…。)

駿太「だいちゃん。そして、先生。

あの、紫色の服の先生って…。」

沙貴「そうよ。栄子先生よ。」

駿太「だいちゃん。ちょっと退避。」

大輔「おけ。」

沙貴「しゅんたくんは、恥ずかしがり屋なのかな?」

大輔「そうみたい。」

駿太「ボクは何も見ていない、ボクは何も見ていない…。」
(※現実逃避)


(※劇が終わり、お遊戯会が終了。)

駿太「やったぁ!お昼だぁ~!」

大輔「さっきのプレゼントは、さきせんせいに預けてあるから、あとで、栄子先生にたぁ~のも、っと♪」


栄子「みんな、お待たせ。」

駿太「(せんせい、あの時のままだ…。あの服、似合っているかも。)」


(※そこから時は過ぎ、駿太達は年長へ。栄子先生は、他の幼稚園へと異動となった。)

駿太「それでさ、また、顔が見たいなぁ、なんて思ってたんだけど。

…今、彼女がどこにいるのかが分からなくてねぇ。」

彩香「へぇ~。そうだったんだ。

そういう私も、その時は、イケメンな先生が保育園にいてね。外を皆で散歩をする時は、ボディーガードとして、私を護って(まもって)くれているような気がしてね。憧れていたなぁ、あの人に。」


大輔「あ!駿太じゃん!お久(ひさ)!」

駿太「ん?誰?

…あ!思い出した!大輔!」

大輔「おう!俺だ。」

沙貴「ど、どうも…。」

大輔「沙貴。怯えなくていい。あの時の、駿太ってやつだ。

お前、今、何してんの?」

駿太「就職活動を終えて、卒業論文を制作中。あと、一ヶ月もあれば、完成するさ。」

沙貴「もしかして、駿太さん。
あの、人見知りだった彼、なのですか?」

駿太「えぇ。間違いありません。お久しぶりでございます。

現在、野倉大学(のくらだいがく)の4年生で、言語学を専攻しています。ゼミは、ツーリズム関係のところに所属しています。」

沙貴「凄い…。私たちの幼稚園を巣立った駿太君が、こんなにも真面目で大人になっていただなんて…。」

駿太「なぁ、大輔?お前に、1つ質問だ。」

大輔「ん?何?」

駿太「栄子先生がどこにいるか、わかるか?」

大輔「…それ、俺に聞く事か?

聞くなら、俺の妻(つま)にしてくれ。少なくとも、俺には、わからん。」

彩香「沙貴さん、初めまして。私、彩香(あやか)と申します。」

沙貴「彩香さん、初めまして。」

彩香「私から、貴女へ、同じ質問をしますね。

栄子さんという方は、現在は、どちらの方にいらっしゃるのでしょうか?」


沙貴「…。」

彩香「沙貴、さん…?」

沙貴「…実は、つい、3ヶ月ほど前に亡くなったの…。」

彩香「え?」

駿太「…。」

大輔「…駿太、スマン。

…実は俺、そのこと、知っていたんだわ。3カ月前に、乳ガンで亡くなったってこと。沙貴から聞いて、お前に連絡しようかと思ったんだけど、お前が泣くことを想像すると、どうも切り出しにくかったそうなんだ。」


(※駿太が、手にしていたお茶のペットボトルを地面にたたきつけ、踏みつぶす。その時、飲みかけの中身が飛び出る。)

彩香「あなた…。」

駿太「…彩香。驚かせてすまない…。」

彩香「大丈夫です。

…実は、あのニュースの先生、私の学校の先輩なのです。」

駿太「嘘でしょ?!」

沙貴「え?!」

大輔「マジか…。」

彩香「どこかで見覚えのある名前だなぁ。

…なんて思っていたら、まさか…。」


(※駿太が、すぐに彩香を抱き、介抱する。)

駿太「今、俺たちに出来ることは、亡くなった方々を弔い(とむらい)、事故の方は、事故の加害者を潰すだけだ。

亡くなった後輩さんの敵(かたき)、俺たちでとる!」

彩香「うん!」

大輔「俺も、加勢(かせい)しよう。」

沙貴「私に、任せてください!」

駿太「さぁ、みんなで戦おう!」

駿太・大輔・彩香・沙貴『おー!』

ありがとう、先生

ありがとう、先生

皆さんは、幼稚園時代・保育園時代のこと覚えていますか?憧れの先生やあの子が気になったり。 これは、そんな思い出に浸かりながらも現実を見るという、明るいけれどもどこか悲しい物語。

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY
原著作者の表示の条件で、作品の改変や二次創作などの自由な利用を許可します。

CC BY