落ち穂拾い

さちこ

片思いってのは半分両思いみたいなもんだ めげるな私

新宿は光にみちてもうすぐで午前0時が転覆しそう

東京の空は狭くてぼくたちの光合成に適していない

公園に取り残された蛇口から夜がしずかにしたたっている

草いきれめっちゃ臭うし白亜紀がまるで昨日のことみたいだね

うたた寝をしているきみは軟らかなサナギのようで無防備すぎる

蒸し暑い夜のデネブはどことなく目をうるませたみたいに光る

わたあめにはしゃぐ貴女の夜会巻きなぜかずるいと思ってしまう

関くんは童貞だけどよく見ると殺人的にまつげが長い

みそ汁のあさり一疋閉ぢてをり さうかおまへも失恋したか

苺でも摘みとるやうに軽やかにしゃがみて君は雪を掬へり

雪玉はひとつひとつを大切につくる派なりし初恋の人

春先のつがいのアライグマは恋ダンスを踊る習性がある

「はちゅなちゅ」と甘えて呼べば、はつ夏が続いてくれるような気がした

もう午後で部屋が寒くて生きる意味なんかないんだなってなってる

しあわせはファミマで買えるなら欲しいけどセブンまで行くほどじゃない

もうごはん食べるのだるい。カフェラテの泡だけ食べて生きていきたい。

夢なんてない。しかたなくレトルトのカレーのパウチをあたためてみる

おれだって愛がほしいぞコンビニで買えるプリンじゃ物足りないぞ

このスフレチーズケーキは我々の劣等感の象徴である

じんせいのままならなさに泣きそうなので、今晩は肉を食べます

化けの皮が剥がれぬように縫いつけてわたしをテディベアにしてくれ

【はる―はやて】[季]春少女の髪を乱す風を一語であらわすことば。

貝殻の中では今も「好きです」のθの音だけが渦巻いている

じゃがいもが煮崩れていくようにしてきょうという日も終わるのだろう

さっきまで夜空にあった冬銀河だったら俺の横で寝てるぜ?

だーくそぉ、じんせいどうにでもなれと叫べば白い息消えにけり

今月は赤字なる家計簿の一ページをふっとめくる春風

なにもすることがないのでなんとなくアキレス腱を伸ばしています

牛乳をストローで飲むことによりなにかに抗おうとしている

じゃがいもの皮を剥くのにこんなにも無心になれる自分がこわい

降るような星空なれどこの星に落ちしはついに吾一人なり

パンダたるもの何事も本気では為さずぐうたらやりすごすべし

カモミールティーの温度を感じとるための器官としての手のひら

茹ですぎたパスタみたいになんかこうふにゃっと笑う娘がタイプです。

「オッス!オラ悟空!」と名乗れ、そうすればまず大抵の敵は倒せる

マカダミアナッツが好きな男ほど将来ハゲるリスクが高い

童貞である男性の8割はみかんのすじを丁寧にとる

誰だってどこか惰性で生きていて、だからときどき炒飯を喰う

かなしみはもうたくさんだとりあえずアイスショコラもココアと呼ぼう

おっぱいは揉みたい。夢は叶えたい。ぼくはまだまだ死にたくはない。

唐突に叫びたい…この衝動を抑えきれない…うーぅまんぼう!

青い鳥文庫のなかで見たようなきれいな日々が欲しかったんだ

「今日なんもしてねえなぁ」とぼやきつつ寝返りを打つ。だるさがやばい。

すずしいとよく寝れるのでどちらかというとすずしいほうが好きです

おれはもう寝るぞと決意してからがホントの夜のはじまりですぞ。

太陽が昇るそんなのあたりまえじゃんってことがじつは尊い

蔦紅葉ばかりが徐々に色づいてぼくはちっとも成長しない

哲学は好きですか?まだ紅くない紅葉はやはり紅葉でしょうか?

憎らしいあいつの頬に投げつけるのにちょうどいいレモンを選ぶ

バオバブにきらきら注ぐおひさまの光のような人でありたい

何にでもなれる気がしたあの頃のおれは幼いガチャピンだった

ヒトとして息をしている片手間にルッコラだけのサラダをつくる

せつなくてかなしくてすこし泣きそうでいなばのトムヤムチキンがからい

すすきにはすすきのための風が吹くおれもちやほやされたいぞ、くそぅ

夜もすがら泳ぐくじらのくちぶえは浜辺に寄せるうたかたになる

はつ恋は7歳のとき。ねり消しをとても上手にこねる娘でした

しょっつるを適度な濃さに薄めたら海を再現できないかしら

諸々の事情があって好きな子にパントマイムで告白をする

風鈴のかたちは最上もがに似てちろりろりんとしたまんまるだ

夏の果て空はあんなに青いのに線路はどこまでもは続かない

海鳴りがささめいて繰り返すのはたぶんスワヒリ語でさようなら

タジン鍋だってきっちり魔改造したらUFO代わりになるよ

我こそは大魔神ピロシキなりと叫んでみたい衝動がある

こもれびは目にやわらかにめくるめくポムポムプリンみたいな黄色

アルパカの気持ちがなんとなくわかる程度に鍛えられた女子力

何すれど、どこへ行けどもみどり色。河童は孤独な生き物である。

常夏のイオンモールを駆け巡るぼくはいまだに迷子のままで

おおらかに生きてみたいね死んだのに気づきもしないゾンビみたいに

私たちけだものだものちゅるちゅるとタピオカミルクティー啜り込む

泣くならばざわざわ森のがんこちゃんくらいガツンと泣くべきだった

火星人ここに眠るというメモが横浜中華街で見つかる

いままでのごめんをぜんぶつぎ込んでしろく固めた牛乳プリン

同情はいらない「可哀想」なんて舐めたクチきく朝なら来るな

あなたからとどめを刺してほしいからこの心臓は止めないでおく

次々とロケット花火打ち上げるこんなに壊れかけの宇宙へ

くつくつとホーロー鍋でマカロニを茹でる七分間の夕暮れ

とりあえず海と言っときゃ詩になるし、そんなこんなで海を見ている

チョコレートパフェは邪悪にそそり立つ魔界の塔のミニチュアなのだ

ゴーフルとゴーフレットのちがいくらいちがう私と昨日の私

拗らせた僕らの夢はとろけ合うねるねるねるねみたくふしだら

出来すぎに甘いくらいが好いのですスイートポテトな恋をしましょう

古書店に凝集された思念として涼宮ハルヒの憂鬱がある

とびきりにサディスティックな形状で新宿で売られてるドリアン

あじさいの木陰にビー玉埋めましたビー玉の木が芽吹く気がして

コーヒーを濃い目に淹れるめらめらと不実な恋に燃えたるごとく

人が皆平等である筈はなく得てして辛い獅子唐がある

くまさんをたずねて深い森のなか「お逃げなさい」と言われたくって

何色と呼ぶべきなのかあでやかに笑う彼女のサマンサタバサ

水性の青に染まった夕まぐれラピスラズリをかりりと齧る

ぼくたちの短歌はどこかちぐはぐで出来損ないのキメラみたいだ

知ってっか?夏の祭りの射的屋のおっちゃん、じつはサンタなんだぜ。

すっくりと赤いつぼみの立葵そろそろ髪を切ろうと思う

こいぬ座のアルファをさがすくるくると星座早見を冬まで戻し

かけっこで負けたみたいな顔をして下唇の下の髭剃り

風薫るガードレールを跳び越えて国道沿いの海がしょっぱい

地雷原と化した月夜やんわりと僕は事実を告げたまでです

いろいろと思うところがありましていつにもましてレタスがみどり

やわらかくありたいものと願わくはチーズ蒸しパンほどの大人げ

今朝もまた「キュアップ・ラパパ!」と唱えつつ魔法瓶へと注ぎし煎茶

幸せのすがたかたちはかくもあれマカロンのこのささやかさかな

そら色のローファー履けばそら色の足取りになるお出かけ日和

アサガオが咲く頃までは夜だからそれまで君も眠っておいで

なんだかさバカみたいだね二人してオセロなんかに意固地になって

はずむようなというよりも実際になかばはずんでいる子どもたち

ダイエットコーラとともに飲みこんだスクラロースも人恋しさも

頑として「ポニヰテヱル」と呼びたげな毛束はずませ早乙女のゆく

身勝手に生きてみたさに雨上がり濡れたぶらんこ思いきり漕ぐ

完璧に当たり障りのない人を演じて啜る蕎麦の美味しさ

解脱までおまかせコースあと五分流転輪廻の洗濯機かな

傘を干す愚痴をこらえて息を止めつづけるほどに強くないから

春眠や五トントラック二台強あろうかという重たい目蓋

立てよなお咲かせよ花を痛ましく養生されし桜の老樹

触れるものすべて傷つけ生きてきたホチキスだけは私の味方

青空は文句ひとつもいわないで今日も静かに青々とある

むくつけきタカアシガニの不似合いなほどあまりにも細いあしもと

眺めてた飛行機雲が消えていくこの夕暮れが皆嘘になる

どうせもう務めを終えた土筆なら私のための土筆でいなよ

チューリング完全でない僕らにはあの夏はもう再現しない

概ねはルベーグ可測な理系でも積分できぬ恋をしたくて

狛犬の阿吽の右の「あ」のほうの顔そのままに定期を忘れ

さみしげにカンパネルラは言いました「この宇宙はね、フィクションなんだ」

そっとだよ図書室であのロリータの頁をめくる手つきのように

ロワイヤルハニーカニバーティー計量きみをすくえるスプーンがない

呼吸器が酸素を拒むことがあり水に溶かして飲むときがある

憂鬱は羽毛をつめた掛け布団こんやあなたをもふもふしたい

おまえそれ、実際鳥とかなってみろ?翼はたぶんめちゃくちゃ凝るぞ?

大丈夫、少し休んでいいときは、笛吹きケトルが教えてくれる

整然と張り巡らせた予防線蜘蛛は無風の日に巣をかける

あをによし奈良の春日野東風吹かば臭ひおこせる鹿のフンかな

大馬鹿は日本全土に分布する偶蹄目の動物である

人類が半裸であったあの夏は風に吹かれて砂浜にある

春の海だけがきこえる世界から防災無線でお知らせします

風に立つ巨きな風車まっすぐに見凝めつづける勇気がほしい

俺たちはいったい何がしたいのかまるい吊り革しかくく掴み

切り伏せてあるく大気のことごとく敵である夜急行来る

つまらない大人になった叫べども必殺技の撃てない大人

白飯にセンチメンタルのぬか漬けきょうもぼっちだごはんが旨い

ミシシッピアカミミガメが俺よりも羽をのばせる区立公園

鬱という文字のいよいよ達筆になりゆく日記何かおかしい

「ハッハッ…ヴェッ…!?」(とっとことことこ)「うう…ばうワウ!」何やら必死のダックスフンド

文句ならあとで聞きます今はただ目玉焼きにはソースと言って

全県で「非常に多い」との予報、もはや我らに安息はない。

「始まりはあの日、一人の少年が『睡魔』をたおす旅に出たのじゃ…」

あたまから後の祭りのつま先へ電気ブランのしびれは伝う

疲れたし甘いものでも食べようとつとめて鈍くチョコパイかじる

人の世に信実などはないと知れマックポテトの塩気が告げる

そうやって何かのせいにしてみては春先ばかり雨に降られて

何もかも私のせいだあの雲もこんなすがたに変えてしまった

まっさらに漂白された靴下の煮付けつくれるカノジョがほしい

自由なる時代の子らよ櫂を持て風など待たでいざや漕ぎ出せ

ああこれが理想の重さラムネ瓶を開くる惜しさにつと持ちてをり

雨あしは未明にかけて強まりつ未明の意味はさだかならねど

哲学者ニーチェは言へり云々と説きたる本のコンビニにあり

ただ何をすればいいのかわからずに白湯を沸かせることのさみしさ

頭頂が美肌ですねとココイチの笑顔を浮かべ上司をそやす

かなしみに芯までひたし一昼夜ほろほろ煮えし豆の味かな

三毛猫のしっぽの動きたおやかに人智をこえた方角をさす

これなしじゃ生きていけぬというキミのすでに死んでるような日常

爬虫類をペットに飼へるJKの愛づる手もがな肌を洗へば

透明になりたいというむなしさはなりたいという不純からくる

雪が、降る。降る。降っている。降り積もる。降り積む。それで、そのうち消える。

平積みの「夜は短し歩けよ」と励ますごとき馴染みの本屋

落ち穂拾い

落ち穂拾い

うたよみんとうたの日から

  • 韻文詩
  • 短編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain