選択電車

腹巻鶏

きっとそうだったはず

咥えていた煙草を手にする。僅かに火が残っており、とても痛くその光景が焼き付いた。とてももう一度吸いたいとは思わない。目の前にあった屑籠に放り込んだ。

少し歩くと下りの階段があった。
覗くと下は真っ暗で、何一つ音がしない。自分はしかし躊躇わずに階段を降りていった。
傷んだ革靴がこつこつと弱い音を鳴らす。するとまた煙草が欲しくなった。上着の内側を探る。残念ながらもうなかった。
いつまでも続くと思った階段は終わった。
暗闇だと思っていたが、まったくそうではなく、虫の集る蛍光灯が駅のホームを照らしていた。
柱を見ても壁を見ても何も無い。これでは電車の来る時刻が分からない。どこにも行けぬ。しばらく待つしかないと自分は思った。

帽子についた炭をはらっていると、左の方から電車がやって来た。
二両編成で、真っ白な車体。もとより詳しくないが、それでもこのような電車は存在しないことを知っていた。
電車は自分の前に扉をよこすように停止し、扉の開閉を以て自分を呼んだ。素直に従うことにした。
中は外見と違い普通であり、今まで乗ったことのあるものと大差がない。
向かい合うように両端に座席が置かれており、均等に吊り革が垂れている。突っ立って電車を待った自分は、何を意図するでもなく右側を選んで座った。
座席は大変柔らかく、僕の身体を下から支えた。

電車が動き出す。行先を告げることも無い。
ただただ線路に従って前進を始め、車を越す速度で僕を運んだ。

時折、窓の外を何かが走った。
僕は目を疑った。右から左からと次々に走り去って行った。
電車のように白かったと思うが、形は小さな火の玉に近い。
そうかと思えば、今度は左の方へしか行かなくなった。左側からその何かが走り去って行くことはなくなった。僕はそれに酷い嫌悪感を感じた。絞めてやりたいと思った。僕はあの時以来初めて怒った。
僕は怖くなった。
もう見たくないと思った。
座席を立ち、向かい側の席に移動した。こちらの座席も同じように柔らかく、私は満足した。
これでもうあの何かを見ることは無い。背後を走り過ぎたところで、見えなければ脅えることは無いのだ。このまま終点まで座っていたいと思った。

次第に私の服類が小さくなった。
帽子が頭を絞めるので脱いだ。鞄を持ち合わせていなかったので床に放った。今度は靴がきつくなった。靴下ごと脱いでしまって、これも床に投げた。
服ももうだめであった。上着も下着も何もかも捨てた。とても身軽になった。私の気分は良かった。
捨てた服などは消えた。どこへ消えたかと気になったが、観念してまた座席に座った。

アナウンスが流れた。
とても無機質な女の声がようやくですよと語りかけた。
私はようやくか、と思った。とても長かったように感じる。駅に着いたらそいつに文句を言いたかった。
電車は減速を始め、しかしゆっくりと地上へ登り始めた。そう言えば私は階段を降りてここまで来ていた。もう何週間前だろうか。忘れても仕方がなかった。

私は席を立った。
電車は地上にたどり着き、真っ白な光が窓から差し込んだ。とても眩しくて、けれども目を開けていられた。
電車が止まったことを感じ取り、ゆっくりと扉の前に立った。
開いたら大きな声で文句を言ってやろう。私はなぜここに連れてこられたのだろうか問おうと思った。

扉が開いた。
私は引かれるように電車から降り、ホームにたった。

私は大きな声で文句を言って見せた。
目の前にいた人々は笑いを返してきた。私の訴えに返る言葉は無さそうであった。

私は次なる文句をもっと大声で言ってやろうと、叫んだ後に大きく息を吸った。
その時になってようやく気づいた。



私はあれから、一度も呼吸をしていなかった。

選択電車

選択電車

純文学ですが、そうですね、かの文豪の真似事かのように簡単には意味の分かりにくいものになっています。

  • 小説
  • 掌編
  • サスペンス
  • ミステリー
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted