どこかから借りてきたようなことばたち

海百合 海月

 シボウコウハ、マズヘンサチデエラブンダ。
 先生は、きっと、先生になるための試験の際などに、ほんとうのきもちを語れない魔法をかけられたのだ。
 消防士の父のことをコウムインハアンテイデスネといった近所のオバサンは、サイレンのたびに命がけの父をみおくって泣いてる母のこと、しらない。
 ぜんぶにはむかっていたら、ばかで愚かなこどもだというレッテルを貼られるし、ぜんぶにうなずいていたら、優等生のレッテルに苦しむし、もう、だめだなとおもう、と、なぜだかそれを察知して、夜になるとぺんぎんのぬいぐるみが話しだす。
 おまえ、信じたいひとのことばだけ、信じればいいのに。
 教科書的でも、模範的でも、良識的でも、ない。ぺんぎんと仲よしの微生物たちが酸素をわけてくれて、それで、ちょっと、ねむりやすくなる。
 ぺんぎんと話せなくなるのがこわくて、苦しいふりをしてみたりする矛盾、苦しみたくない、でも、苦しんでいる夜には、ぺんぎんと、話せる。
 ありきたりでもいいから、ほんとうのきもちだけで、叱ってほしいという、一世一代の、人類最大の、おそるべき願望を、叶えてくれるひとをさがす旅にでれば、たぶんぼくは、南極まで、でむくことになる。

どこかから借りてきたようなことばたち

どこかから借りてきたようなことばたち

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日 2020-01-16

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND